ベゼルを回して時間をデザイン。生活をシンプルにする腕時計が登場!

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ベゼルを回して時間をデザイン。生活をシンプルにする腕時計が登場!
Image: u_t_o

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

最近の腕時計は、健康管理やスマホ通知の表示など、なにかと機能が豊富。便利な反面、タイムマネジメントに時計を活かすことを忘れがちではないでしょうか?

基本に立ち返って、腕時計の“時計機能”を際立たせたプロダクトがmachi-yaに登場。“時間に点を打つ”というありそうでなかった方法で、時間との付き合い方を改善してくれます。

10 watch」は、感覚的に時間が把握できるアナログ腕時計。デザインがシンプルなので装飾や周辺機能に注意が奪われることもありません。

プロダクト名が示す通りベゼルには“点(ten)”が1つだけ打たれていて、こちらがタイムマネジメントに効力を発揮してくれるんです。その方法や「10 watch」の特長について、まとめてご紹介していきます。

時間にしるしが付けられる

10watch01
Image: u_t_o

多忙を極める現代人にとっての最重要リソースといえば、やはり時間が当てはまるでしょう。タスク管理アプリやタイムトラッキングツールで、時間の使い方の最適化を試みてきたものの、あまりうまくいっていな人もいるかもしれません。

複雑で多層なタイムマネジメントシステムを敷くよりも、「10 watch」を用いたシンプルなやり方のほうが、案外シックリくる可能性があります。

10watch02
Image: u_t_o

文字通り身体の一部となり、手触り感のある時間感覚を提供してくれる「10 watch」。

ベゼルを回転させて点の位置をカスタマイズすることで、時間にしるしが付けられます。これにより、たとえばタスク完了の目標時間を定めたり、ミーティングの予定時間を示したりといった時間の使い方のデザインが可能になるんです。

時間との付き合い方がシンプルに

10watch03
Image: u_t_o

気にするべき時間の指標が1点だけというのもポイント。マルチタスクでは注意が分散しがちですが、この機能を使えば、いまここのタスクに集中して一点突破する術が身に付きそうです。

もちろん、実質的にやることの量は変わりませんが、結局いまこの瞬間に処理できるタスクは1つのみです。数多あるタスクについてはタスク管理アプリに覚えていてもらい、意識するのは腕時計が示す直近1つの時間の区切りのみ…といった環境が作れたら、時間の使い方はより効率化するんじゃないでしょうか。

着用シーンを選ばないミニマルデザイン

10watch04
Image: u_t_o

「10 watch」は、個人で時計事業に挑むという挑戦から生まれたプロダクト。“誰もがシンプルに時間を管理できる腕時計は作れないだろうか”との発想がカタチになったものです。

ちなみに、時間に点を打つというコンセプトからきたプロダクト名には、豊かな時間の使い方を身に付け“理想の自分=10点満点”になってほしいとの想いも込められているようです。

10watch05
Image: u_t_o

ケースサイズは40mmと標準的で、見てのとおりのミニマルデザインなので、性別を問わず着用できて、ベルトも交換可能となっています。

時間の使い方を自分自身でデザインするための腕時計「10 watch」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点では早割、一般発売予定価格より10%OFF、21,150円(消費税・送料込み)から支援可能な状況。カラーバリエーションは、BLACK × yellow/SILVER × green/BLACK × white/SILVER × blackの4色となっています。

開発者の想いや活用例など、さらに詳しく「10 watch」について知ってみたいというい方、以下のWebページで情報がご覧いただけます。

>>ベゼルに自分だけのしるしを。時間の使い方を直感的にデザインできる腕時計

Image: u_t_o

Source: machi-ya