アウトドアの防寒対策に! -196℃の冷気もシャットアウトする薄手ジャケットが冬キャンプにぴったり

  • 23,312

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
アウトドアの防寒対策に! -196℃の冷気もシャットアウトする薄手ジャケットが冬キャンプにぴったり
Photo: 山田洋路

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

寒さが徐々に厳しくなってきて、真冬でも通用するより暖かいジャケットはないかとお探しかもしれません。最近では、驚くほど保温性の高いアウターものも多く見受けられますが、できる限りスリムに着こなしたいと考えると選択肢が絞られるんじゃないでしょうか。machi-yaでプロジェクトを展開する「エアジャケットWILD」なら、暖かくてかつスリムなアウターをお求めの方の要望にもしっかり応えてくれます。

「エアジャケットWILD」は、宇宙服にも使われるエアロゲル素材を一般向けアパレルに転用し、防寒性を高めたアイテム。今回こちらのプロダクトをお借りすることができました。雨や汚れにも強く、過酷なアウトドア環境での使用を想定して開発されたとのことで、あえて厳寒のなか着用し、「エアジャケットWILD」の実力を確かめてみました!

シャープなデザインで着ぶくれしない

エアジャケットWILDreview01
Photo: 山田洋路

薄手の素材でできた「エアジャケットWILD」。余分なポケットのないシンプルなデザインが功をなし、なかなかにスリムな見た目です。袖口や裾に角度が付いているのも個性的で、シャープな印象を受けます。

エアジャケットWILDreview02
Photo: 山田洋路

表面生地の撥水性の高さもこのジャケットの特徴となっていますが、不自然な光沢もなく触感もソフトです。

ポケットをはじめとするジャケット表面のファスナーには止水仕様のものが採用されているので、アウトドアでの急な雨の際にありがたいです。また、ファスナー部分から内側の熱が漏れにくいとの恩恵もありそうです。

エアジャケットWILDreview03
Photo: 山田洋路

-196℃の冷気もシャットアウトするエアロゲルもさることながら、裏地に採用されたシルバーハニカムリフレクティブ素材も暖かさを保つのに貢献してくれそうです。この素材のおかげで、着用者の身体から出る熱をうまく反射してくれます。

エアジャケットWILDreview04
Photo: 山田洋路

内側には、貴重品を入れておくのに便利なファスナー付きポケットも備わっていました。

エアジャケットWILDreview05
Photo: 山田洋路

腰の部分には風の侵入を防ぐバンドが。こちらは取り外し可能となっています。

軽くて動きやすいのに内側ポカポカ

エアジャケットWILDreview06
Photo: 山田洋路

羽織ってみて気づくのは、“とても軽い”ということ。このジャケットは、中間層に断熱性素材を備えた3層構造とのことで、ズッシリ重いのを想定していましたが、直感的には防寒性が不安になるほどの軽量感です。

エアジャケットWILDreview07
Photo: 山田洋路

はたしてほんとに暖かいのかを確認するために、Tシャツ1枚の上に「エアジャケットWILD」を着て、自転車で走ってみました。

冷たい風が顔や手先には当たるものの、ジャケットに覆われた身体はポカポカと暖かく、隙間風が気になることもありませんでした。不思議なのは、保温性の高いジャケットを着て運動しているにもかかわらず蒸れも感じないこと。なんでもエアロゲルは、熱は逃がさず空気は通す性質があるみたいで、動いたときにも着心地は快適なままなんです。

また、ブカブカに着込んで防寒すると、身体が動かしにくくなるとのデメリットが生じがちですが、薄手の「エアジャケットWILD」なら楽で、肩がこる心配もなさそうです。

1枚羽織るだけでキャンプが快適に

エアジャケットWILDreview08
Photo: 山田洋路

ここのところグッと冷え込んできたこともあり、防寒対策の必要性に迫られていた夜間のキャンプ場で「エアジャケットWILD」を試してみました。当日も吐く息が白くなるほどの冷え込みでしたが、薄手のジャケットを1枚羽織るだけでキャンプが快適に。風が強いタイミングでも暖かな状態をキープできました。

炭や土なんかが付いて汚れがちのキャンプ着ですが、「エアジャケットWILD」は家庭用洗濯機で丸洗いできるので思い切って遊べます。高い撥水性は夜露や雨に強いだけでなく、汚れを落とす際にも重宝し、ジャケットにこぼれた液体調味料は水をかけてサッと洗い流せます。

暖かくて動きを邪魔せず、汚れにも強い防寒ジャケットは、少しでも快適に冬のキャンプを楽しみたい方の強い味方になってくれそうです。

宇宙服素材でできた「エアジャケットWILD」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点ではmachi-ya割、一般発売予定価格の30%OFFの38,500円(消費税・送料込み)から支援を受け付けています。オプションのグローブもセットでオーダーすれば防寒対策はより完璧に。快適なアウトドアウェアをお探しの方、エアロゲル素材を採用したジャケットとグローブを選択肢に加えてみてはいかがでしょう。

プロダクトについてのより詳しい説明が、以下のWebページよりご覧いただけます。

>>【宇宙服素材採用】エアジャケットシリーズが更に進化!エアジャケット

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya