雪上をスケートのように滑る! 新感覚のスノーギア「snowfeet」はこの冬の新定番

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
雪上をスケートのように滑る! 新感覚のスノーギア「snowfeet」はこの冬の新定番
Image: growcorp

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

スノボー派かスキー派かをたずねられたときの返答として、「snowfeet」派というものがあります。「snowfeet」は2019年に日本初上陸した新感覚のウインタースポーツ。

雪上をスケートのように滑れて、スノボーやスキーよりもきめ細やかなコントロールも可能です。

持ち運びや装着が楽で、初心者からすぐに滑れる点も特徴。こうした手軽さもあってか、3年で累計3万足を売り上げる人気ぶりとなっています。このほどmachi-yaにNewモデルカラーとなる「snowfert Mint Blue」が登場。

ウインタースポーツシーズン本番を前にしてプロジェクトを展開中です。本記事では、「snowfeet」の魅力や遊び方についてまとめて紹介していきます。

コンパクトでお手軽なのが魅力

Snowfeetreview01
Image: growcorp

見てのとおりコンパクトな「snowfeet」。重さは片足678gと軽く、リュックに入れて持ち運べます。スノボーやスキーを担いでスキー場に向かうのは少し気合が要りますが、「snowfeet」に関しては近所に出かける延長のような感覚で滑りにいけます。

価格も比較的リーズナブルですし、ワンサイズ仕様(22.~30.5cmに対応)なのですでにお持ちのスノボーブーツ、スキーブーツがそのまま使えるのも敷居が低いです。

滑りがコントロールしやすい

Snowfeetreview02
Image: growcorp

スノーギアの扱いは簡単ですが、肝心なのは“滑りやすいか、楽しく遊べるか”といった点じゃないでしょうか。このあたりに関しても、「snowfeet」は多くの方の要望を満たしてくれそうです。

「snowfeet」の靴底両サイドには、金属製のエッジが備わっていて、こちらを蹴りこんで加速、旋回、減速といったコントロールが可能です。

Snowfeetreview03
Image: growcorp

ヒールのブレーキも使えて、まさにスケートのような感覚。初心者からすぐに滑り出せますし、子どもでも楽しめるようです。転んだときも受け身が取りやすいのがポイント。スノボーやスキーのように、足が板に巻き込まれる心配がないので、転んでも安心です。

初心者から上級者までが大満足

Snowfeetreview04
Image: growcorp

実際に「snowfeet」を経験した人へのインタビューからは、“スケートに近い感覚、安定していて最初から滑りやすい”といった声も聞こえてきます。

上級者になれば、バックで滑ったり、トリックを決めたりといった難易度の高い技もこなせるようです。自由に滑れてゲレンデの移動も楽ちんとくれば、「snowfeet」にハマる人が続出するのも頷けますよね。

雪上をスケートのように滑れる「snowfert Mint Blue」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では、一般価格の15%OFF、21,972円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能な状況。レッスンチケット1回分も付いてきます。

1足あれば家族や友達とシェアできますし、スノボーやスキーとも併用できる手軽さもあります。冬の楽しみがまた1つ増えそう。「snowfert Mint Blue」についての詳しい情報は、以下のWebページでチェックできます!

*日本での滑走可能なゲレンデのリストはこちら から。

>>ウィンタースポーツの新定番! 超新感覚スノーギア snowfeetⅡ Blue

Image: growcorp

Source: machi-ya