トレーニング中のケガ防止と効率アップに。現役ボディビルダー監修の「パワーグリップ」がおすすめ!

  • ROOMIE
  • Buy
  • author 杢元主将
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
トレーニング中のケガ防止と効率アップに。現役ボディビルダー監修の「パワーグリップ」がおすすめ!
Photo: 杢元主将

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

今回ご紹介するのは、トレーニングをサポートしてくれるALLOUTの「パワーグリップ」です。手首に巻いて固定することでケガを防ぎ、トレーニングの効率アップも期待できます。

ベンチプレスや懸垂などのトレーニングにおいて、疲れて握力がなくなってきてもグリップ力を補うことで、限界まで筋肉を追い込むサポートができるアイテムです。

IMG_8099-scaled
Photo: 杢元主将

「パワーグリップ」おすすめポイント

・現役ボディビルダー監修

・フリーサイズで太めの腕にも対応可能

・お手頃価格かつ機能性もあってコスパ抜群

パワーグリップの装着方法

7c4e866123723e03ef075d660bf377c4-scaled
Photo: 杢元主将

LEFTとRIGHTがあるので、それぞれ装着します。金具にベルトを通し、手首に巻き付けてからマジックテープで固定すればOKです。

フリーサイズなので、腕が太い男性の方でも使用できます。

懸垂

IMG_8171-scaled
Photo: 杢元主将
IMG_8182-scaled
Photo: 杢元主将

まずは懸垂から試してみました。ベロの部分を懸垂バーに巻き付けて、しっかり握ることでグリップ力が補強できて、手のひらにマメができるのも防げます

ベンチプレス

次はベンチプレスです。このトレーニングは特に手首へ負担がかかりますが、「パワーグリップ」を使えば快適にトレーニングできます。

IMG_8191-scaled
Photo: 杢元主将

このような感じで、バーに巻き付けて使用しましょう。

ラットプルダウン

IMG_8203-scaled
Photo: 杢元主将

これはラットプルダウンという背中を鍛えるトレーニングで、懸垂と同じ要領です。

IMG_8198-scaled
Photo: 杢元主将

横から見ると分かりやすいと思います。こうすることで握力が落ちてきてもグリップが助けてくれます

デッドリフト

IMG_8216-scaled
Photo: 杢元主将
IMG_8225-scaled
Photo: 杢元主将

最後はデッドリフト。バーを下から上に引き上げることで背中を鍛えるトレーニングです。

IMG_8210-scaled
Photo: 杢元主将

このトレーニングは手首と腰にすごく負担がかかります。「パワーグリップ」はもちろん、もし用意できるのであれば腰用パワーベルトの装着もおすすめします。

まとめ

トレーナーさんに話を聞くと、ケガを理由にジム通いをやめてしまう方も結構多いのだとか。

これからも安全にトレーニングするために、「パワーグリップ」を使い続けたいと思います。

現役ボディビルダーが監修しているところも安心感アリ。執筆時点では2,980円(税込)とお求めやすく、コスパにも優れたアイテムだと感じましたよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

「パワーグリップ」おすすめポイント

・現役ボディビルダー監修

・フリーサイズで太めの腕にも対応可能

・お手頃価格かつ機能性もあってコスパ抜群