バターの容れ物はこれ一択。カットできるバターケースでストレスフリーなバターライフへ #ブラックフライデー

  • 8,723

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
バターの容れ物はこれ一択。カットできるバターケースでストレスフリーなバターライフへ #ブラックフライデー

見た目もオシャいし使いやすいしで一石二鳥。

スーパーに行くと切れてるバターみたいな製品が売ってますが、お買い物上手的に考えると200gの大きいやつを買いたいわけです。でも、料理のたびにバターをカットするのは、面倒すぎる…!

昔は包丁で毎回カットして、そのつど銀紙で包んでました。でも、今はそんなしちめんどくさいことやってません。なぜなら、ステンレスカッター付きのバターケースを使うようになったからッ!

221128buttercutcase_02

ステンレスのアミアミがカッコいいこれ、バターを入れるケースなんです。200gのバターをセットしてステンレスの網をグイっと押し込むと、10g×20個のバターにカットしてくれるという仕組み。

221128buttercutcase_03

この網でバターを均等にカットするわけですね。カット時にバターが硬いと網が負けて曲がっちゃうので、しばらくバターを常温放置して柔らかくしておくとよきです。

221128buttercutcase_04

バター200gをゴトっと置いて、上から網でグイグイ押していきます。中央部分は完全に切りきれないこともままありますが、いざ取り出す際に簡単に取れるなら用途的には問題なし。

221128buttercutcase_05

ケース内にはバターに突き刺して使えるバターナイフも付いていて、カットされたバターを手を汚さずに取り出せます。料理中に突然バターが必要になっても、冷蔵庫からバターケースを取り出す→フタを開けてナイフでバターをグサッ→フライパンにポイッって感じ。銀紙に包まれてるとこうはいきませんぜ。

もっと大きな400gのバターを入れるケースもあるので、大量に使いたい方はそっちもあり。お菓子作りが好きな人はちょうどいいかもですね。いざ、ストレスフルなバターライフへ…。

Photo: ヤマダユウス型
Source: Amazon