ずっと部屋にいると鬱屈しちゃう? 僕はシンプルなアロマディフューザーで気分転換してます #ブラックフライデー

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ずっと部屋にいると鬱屈しちゃう? 僕はシンプルなアロマディフューザーで気分転換してます #ブラックフライデー

見た目もおしとやかで品があるのです。

視覚、聴覚、触覚、嗅覚、味覚。小宇宙を燃やさない限り人間はこれら五感でもって世界を認知します。いずれも重要な感覚ですが、僕が最近意識するようになったのが、嗅覚。すなわち香りです。

アロマ系のグッズも色々と試してまして、そのひとつがリズム株式会社から登場したファン式アロマディフューザー「AROMAFUN(アロマファン)」。クラウドファンディング発のアロマディフューザーなのですが、サイズも使用感も良いバランスなのですよ。そして、今ちょうどブラックフライデーで34%オフとお安くなっています。


アロマデビューにもヨシ。小型で使いやすいシンプル仕様

221124aromafun_02

香炉を想起させる小さな三本足が付いた佇まいで、見た目にもインテリアみがあります。カラバリは薄グレーの真珠色、薄ピンクの灰桜色、淡黄色がかった砂色の3色。写真のものは真珠色です。

221124aromafun_03

サイズはこれくらい。デスク周りやベッドサイドに設置しても邪魔にならない小型っぷり。

221124aromafun_04

使い方も簡単です。本体のフタを開けるとオイルパッドがあり、ここに精油を2〜3滴垂らすだけでOK。フタを開けると自動で内部のファンが回転するため、電源ボタン無しに香りが楽しめます。すごくシンプルでしょ?

221124aromafun_05

パッド部分は取り外しが可能。取り替え用のオイルパッドは6個350円で売ってます。シンプルに使える反面、色んな香りを楽しむにはオイルパッドの交換が必要なのがネックですね。

香りの立ち具合は精油の種類で変わってきますが、PCデスクに置くような距離感であればしっかりと感じられます。部屋全体を包み込むほどは広がらないため、パーソナルに香りをに楽しむという用途です。僕は「気分転換に香りの刺激でももらおうかな」ってときに使っています。ずーっと部屋にいると鬱屈してくるので、そこを香りでリフレッシュするという感じです。


電池駆動とUSB駆動の二刀流

221124aromafun_06

駆動方法は2種類あります。単4電池3本で動かす方法と…。

221124aromafun_07

本体背面のUSB Type-C端子から給電する方法です。ここがType-Cなの、イイよね。

221124aromafun_08

モバイルバッテリーやアダプター、ラップトップからの給電など、ガジェットが近くにあればなにかしらが電源になってくれるでしょう。デスクを定位置として使うなら電池無しでいいし、部屋をあちこち移動させて使うなら電池の方が使いやすいかも。

またAROMAFUNは自動で電源がオフになる仕様なのですが、電池駆動の場合は約20分、USB駆動の場合は約2時間でオフとなります。バッテリー節約にもなりますし、そもそも香りって慣れてくるからそうなってくるともうオフにしてもいいんですよね。オフにし忘れる方が何かともったいないから、この仕様のおかげで気兼ねなく使えています。


手軽に香りと遊べるガジェット

ルームフレグランス、お香、アロマキャンドルにアロマミストなど、香りモノは色々試してきましたが、AROMAFUNのシンプルさはとても使いやすいですね。パッド買い替えは手間ではあるもののコストはそれほどですし、継続性も悪くない。ファンの音も極めて静粛でほとんど気になりません。

香りが変わると気分も変わりますし、AROMAFUNで色々な香りを楽しむ生活、始めてみませんか?

※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon

AROMAFUN ほしい?

  • 0
  • 0
Amazon

シェアする