プーさんに続いて、バンビも人を襲うホラー作品に

  • 40,243

  • author Justin Carter - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
プーさんに続いて、バンビも人を襲うホラー作品に
Image: pcperle / Shutterstock.com

パブリックドメイン化で、かわいいキャラたちがどんどん殺人鬼に。

A・A・ミルンの原作の『くまのプーさん』(Winnie-the-Pooh)が著作権が切れてパブリックドメインになったことで、くまのプーさんのキャラクターを使ったガチのホラー映画が制作されました。予告編を見てみると、プーさん完全に連続殺人クマですね。しかもタイトルがWinnie-The-Pooh: Blood and Honey』、直訳すると『くまのプーさん:血とハチミツ』。もう〜ちょっと笑っちゃうし、気になっちゃって見たいです(2023年公開のようです)。

そしてプーさんの次は、なんとあのかわいいバンビ。著作権が切れるためプーさんに続いてホラー映画になる計画が進んでいるそうです。原題は『Bambi: The Reckoning』、メガホンを取るのはScott Jeffrey監督。あのかわいげなバンビちゃんが、森の中に住む凶暴な殺人マシーンとなるとのこと。原作でも、バンビはお母さんをハンターに撃たれて殺されてしまうあらすじなので、たぶんお母さんの仇として人間を殺しまくるホラー映画になるのでは? と言われています(原題のThe Reckoningは「報い」といった意味です)。

Jeffrey監督は、バンビのデザインはNetflixのホラー映画『ザ・リチュアルいけにえの儀式』にのキャラクターにインスパイアされていると話しています。ディズニーの優しくてあたたかいイメージを大事にしたい人は見ないほうがいいかもしれないですね。特にお子さんは、プーさんもバンビもトラウマになってしまう可能性ありです。あ、でも大人でもトラウマになりますよね...。

はい、どうぞ。SNSが阿鼻叫喚になったネトフリ最恐ホラー『呪詛』の大黒仏母フィギュアが爆誕しましたよ

マジで作ったのか。ネトフリで配信開始になるや否や「怖すぎる! 」「みなきゃよかった」とSNSが阿鼻叫喚になった台湾ホラーの『呪詛』。 土着信仰をテーマにした後...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/juso-figure.html