NBA・ミルウォーキーバックスがファンに愛されたジャージをやめることに。その理由が大人の事情すぎた

  • 16,810

  • author Lauren Leffer - Gizmodo US
  • [原文]
  • マエノケンタ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
NBA・ミルウォーキーバックスがファンに愛されたジャージをやめることに。その理由が大人の事情すぎた
Image: Shutterstock

誤訳があった箇所に訂正を施しております

スポーツもビジネスのひとつなのです。

近年NBAにおいて広告の力が強くなっています。その影響のひとつとして起こったのが、とあるユニフォームカラーの廃止です。理由は本当に大人の事情でした。

広告主がユニフォームの色を決める時代

2021年に50年ぶりのリーグ優勝を果たし話題となったNBAのチーム、ミルウォーキーバックスの特別なユニフォームが、廃止になった理由、それはバスケットコートとユニフォームの色が似ているのが、広告主の反感を買ってしまったからでした。ためでした。

f2c2b522c7dd2fb140e9be1c48032f0d
廃止されたクリーム色のユニフォーム。バックスの本拠地ミルウォーキーはクリーム色の建物で有名。ファンにも人気だった。
Image: NBA
association_1
ミルウォーキーバックスのホームカラーユニフォーム。若干クリーム色が入っていることがわかる
Image: NBA

最初にこの事実を報道したのは、UniWatchというスポーツのユニフォーム情報を扱うメディアの記者Paul Lukas氏で、彼はバックスのマーケティング部のチーフ、Dustin Godsey氏に直接話を聞いたとのこと。

広告主からすると、広告素材を合成して放送するときに、コートとユニフォームの色が区別できないため起こってしまう同化現象、ファンの中で統一されるのが理想でユニフォームのイメージが混ざってぼんやりしてしてしまう広告イメージの「ピクセル化」を恐れたのが原因だ、とLukas氏は報じました。

クリーム色の後、どんな色になったのかというと

NBAの各チームが展開する「シティエディション」と呼ばれるユニフォームがあり、これはチームの歴史や、本拠地の名産などからインスピレーションを受けたもの。今回クリーム色が禁止されたのは、同エディションにおいてでした。

通常ユニフォームとは異なり、チームカラーの影響を受けず、毎年デザインの変更があるため、シティエディションの発表はNBAファンが楽しみにするイベントのひとつなんです。

ちなみにバックスはクリーム色が廃止されてどんな色になったのかというと、

22-23_CityEdition_MotoSweepstake

左胸にあるスポンサーロゴとユニフォームの色をみると、なるほどな。と言う感想です。

先ほど記したように、シティエディションのユニフォーム、チームカラーにほとんど左右されません。というより最近の傾向としては、全く関係ない色を使うのが増えている気がします。これって、ほとんどが同じような大人の事情なのでは…と勘ぐっていしまいますが、やはりスポーツはビジネスですし、時代によって変わっていくもの。

新しいユニフォームも、これはこれでかっこいいです。

プロ野球 読売ジャイアンツ戦のテレビ中継がまるでプロ野球スピリッツ!

東京ドームで行なわれた巨人阪神戦に、なんだかすごい技術が導入されていたんですよ。その名も「ポリュメトリックビデオ」。これはキヤノンの最新技術。87台の専用カメラ...

https://www.gizmodo.jp/2022/05/canon-volumetric-video.html

Source: NBA

(2022年11月22日17時頃 誤訳があった箇所に訂正を施しております)