西暦3000年の人類はスマホに合わせて奇妙な姿勢に進化しているかも?

  • 12,064

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
西暦3000年の人類はスマホに合わせて奇妙な姿勢に進化しているかも?
Image: TOLLFREE FORWARDING.COM

未来の人間は姿勢が悪い!

私たちが想い描く未来人は、小型のウェアラブル端末を身に着けたり、スカウターのようなゴーグルでクラウドに繋がっていて、真色に輝くスーツに身を包んでいるようなイメージかと思います。

ですが科学者たちが導き出した西暦3000年の人類は、背中が曲がって首が太く、さらにはスマホに適応した指も曲がったままというモンスターじみたものになりました。

普段の暮らしが不便そうな未来人

ミンディー」と名付けられた未来人は、アメリカの通信企業Toll Free Forwarding社が、科学的な調査と専門家の意見を基に生み出したもの。他にも第二の瞼、90度に曲がった肘、後ろに長い頭蓋骨に小さい脳ミソといった特徴があります。

221109_mindy2
Image: TOLLFREE FORWARDING.COM

我々はまだ第二の瞼を持っていませんが、これはスマホもコンピューターも光が強すぎるため、それを護るべく内側に作られるのだそうです。しかもブルーライトをカットするのに、赤や緑や黄色といった高い波長の光は通すとかなりの高機能。これだけは今スグ欲しい気がします

今の現代社会でも、すでに首を前に90度倒してスマホ見てる人いますし、スマホを持った手指は鉤爪のよう、それに考えもせず情報を右から左に流してばかりいると、脳が縮小するのも納得できちゃいますよ。

仕事中の姿、ミンディーになってない?

「ミンディー」を見てどれほどの人が「明日は我が身だ」と感じるか分かりませんが、すでにこんな姿勢でデスクワークをしている人、周りにいませんか? 人類はテクノロジーに支配されないよう、気を付けねばいけませんね。

Source: TOLLFREE FORWARDING.COM, Twitter, Daily Mail via Futurism