このボックスこそが、DIY初心者に必須なアイテムなんです。電動と手動でドライバーを選べる「HOTO SET」

  • 23,594

  • ROOMIE
  • ギズ屋台
  • author 編集部
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
このボックスこそが、DIY初心者に必須なアイテムなんです。電動と手動でドライバーを選べる「HOTO SET」

ROOMIE 2022年11月2日掲載の記事より転載。

普段は意識していなくても、いざ必要なときに無いと焦るのが「工具」

DIYに慣れ親しんだ人は、よく使うモノ・使わないモノを試行錯誤しながら買い足していますが、これからDIYにチャレンジする人の場合は、まずなにを買ったら良いのか分かりませんよね。

でも大丈夫です。ユニークなガジェットが揃うECサイト「ギズ屋台」で、最初の一歩にぴったりな工具箱を見つけたんですよ。

入門用工具として最適なセット

hotokoug_0009_07A06400

それがこちらのHOTO SETです。内容物は以下の通り。

  • ネイルハンマー
  • 電動ドライバー
  • ビットセット
  • モンキーレンチ
  • 多機能ペンチ
  • コンベックス(テープメジャー)
  • 専用収納ケース

謳い文句に「世界が認めたDIYベーシック工具セット」とありますが、がっつりとしたDIYというよりは、家具などの組み立てやネジの付け外しを中心に使うのがちょうどいいアイテムかなと思います。

高級感のあるデザイン

hotokoug_0008_07A06404

まず気に入ったのが、スマートな工具箱のデザイン。一見しただけではそれと気づかないほどです。淡いグレーカラーや、持ち手部分の丸みがいいかんじ。この美しさは箱の中にも反映されていますね。ずり落ちないようストッパーで保持されている工具と内装部カラーにも統一感があり、ゴチャついた印象がありません。

d43ba8ca38a76e5053fc9fa3dc386682-2

ドイツのデザイン賞もとっているとのことで、確かにこれは手元に置いておきたくなるデザインだなと。重さも持ち運びが苦にならない程度なので、車の中に積みこんだり、庭先に出して使うときにもストレスフリーですよ。

ツールには細かい配慮がいっぱい!

hotokoug_0007_07A06405

工具セットとしてはベーシックな構成なのですが、DIY初心者には嬉しいポイントも。特にモンキーレンチとコンベックス(メジャー)は良いです。

モンキーレンチには目盛りがついているので自分がどれくらい開いて使っているかが把握しやすく、一旦別のナットやボルトを締めた後でも、「さっきは18mmだったな」といった感じで覚えやすい。

hotokoug_0005_07A06409

また、メジャーのメモリは記載が細かく、cmとは別にフィート表示にも対応していました。

「木材買うのはいいけど2フィートでたりるんだっけ?」みたいな場面でも計算せずそのまま直感的に理解できるので楽ですね。

ハンマーにも初心者向けの工夫アリ

HOTOkoug_0000_07A06426

ハンマーにも一工夫あり。ヘッド部分に釘を収める部分があります。

HOTOkoug_0003_07A06432

この部分にマグネットが仕込まれているおかげで、最初の一打を手を添えずに打ち込むことができ、その後も片手で打ち込み可能なんですよね。

精密部分には向かないかもしれませんが、ガンガン打っていくにはかなり楽なんですよねー。

電動ドライバーは慣れが必要かも

hotokoug_0002_07A06415

初心者向けのセットですが、ハンディサイズの電動ドライバーもついていますよ。

円柱型の可愛いデザインですが、そのせいか高トルクで締めようとすると手の中で回ってしまうことも。慣れないうちはグローブつける方がいいかも。

hotokoug_0001_07A06419

使い方としては、ある程度までこちらでネジを回して、最後の最後は手動のドライバーでギュッと締めるやり方の方が向いているかもしれません。

実際に使ってみた

hotokoug_0006_07A06406

ちょうどIKEAの収納ボックスを購入していたので、本命の電動ドライバーを組み立てに使ってみました。

hotokoug_0004_07A06412

トルクは三段階で調整可能で、本体上部を回すことで切替可能です。回転は早くならず、あくまでもトルクだけ変わるタイプですね。

hotokoug_0003_07A06414

使ってみた結果、意外にも一番低いトルクで組み立てが完了しちゃいました。木の材質にもよりますが、下穴を開けた状態の木材であればすんなり使用できますね。

正直、サイズのこともあってトルクには期待していなかったんですが、これは嬉しい誤算でした。

さらにお手軽なのもあるのか

hotokoug_0000_07A06422

HOTO SET」には、僕が使用した電動ドライバー入りのEタイプと、電動ドライバーが付属しないMタイプがあります。

Eタイプは15,980円(税込)ですが、Mタイプは11,980円(税込)と値段もすこし安いので、電動はまだ早いかも……って人はMタイプもチェックしてみてください。

まずはDIYの入り口として、グッドデザインな「工具セット」を手に入れてみるのはいかがでしょう?

ギズ屋台

「ギズ屋台」 ー それは世界中の多種多様なガジェットを揃えた、神出鬼没のセレクトショップ。 誰も見たことのないような掘り出し物やカテゴリ不明のキワモノまで、エキ...

https://www.gizmodo.jp/issue/giz-yatai

※表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。
※記事掲載時点では在庫が確認できておりますが、購入の際に売り切れている可能性もございます。その場合、販売ページで再入荷リクエストにご登録ください。
Photo, Text: oh!ga