火星探査車オポチュニティとそれに関わった人の絆を描くドキュメンタリ『Good Night Oppy』、Amazonプライムビデオで配信へ

  • author そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
火星探査車オポチュニティとそれに関わった人の絆を描くドキュメンタリ『Good Night Oppy』、Amazonプライムビデオで配信へ
Image: Courtesy of Prime Video

長く一緒にいたら愛着がわいて当然。人間は、ロボットに対しても感情を持つのです。

NASAが改発した火星探査車オポチュニティ。2003年7月に打ち上げられ、火星に到着したのは2004年1月。当初予定されていたミッションは90日間のはずが、幾度も延長を繰り返し、オポチュニティは15年もの長い間火星の地を走り回ることに…。Amazon Prime Videoオリジナルの『Good Night Oppy』は、オポチュニティとその開発、運用に関わった人々を描いたドキュメンタリ作品です。タイトルの「Oppy(オッピー)」は、NASA職員が気づけば呼んでいたオポチュニティの愛称。オッピーというかわいらしくキャッチーな愛称だけでも、オポチュニティがどれだけNASAから愛されていたのかわかります。

正直、オッピーという愛称を踏まえてから、15年のミッションの末に最後はついに通信が途絶えたというWIkipediaのミッション概観の下りを読むと、それだけでちょっと涙がでちゃう。作中では、オポチュニティの構造やミッション、火星についても学べますが、やはりメインは人とオッピーの間に生まれた感情。オッピーは、その調査功績だけでなく、チームメイトとして、バディとしてもNASAにとって特別な存在なのかもしれません。

監督は『わたしは金正男を殺してない』などを手掛けたライアン・ホワイト氏。ナレーションは、俳優のアンジェラ・バセット氏が務めています。アメリカでは一部劇場公開されていますが、日本では11月23日よりAmzonプライムビデオで視聴できます。

Video: Prime Video/YouTube

火星探査車「オポチュニティ」が撮った最後のパノラマ写真

人類が移住するにはかなり険しそうな星。2月に正式な機能停止が宣言された火星探査車「オポチュニティ」。眠り姫はそのまま起きることがなさそうですが、NASAは彼女が...

https://www.gizmodo.jp/2019/03/opportunitys-final-panorama-gives-us-one-last-view.html

Source: Amazon