アルゼンチンのBTSファン、手作りペンライトでライブに参戦

  • 7,878

  • author Jody Serrano - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
アルゼンチンのBTSファン、手作りペンライトでライブに参戦
Image: Tinseltown / Shutterstock.com

名案、一気に広がる!

先週末、アルゼンチンのBTSファン「ARMY」たちに、突然ハッピーなニュースが舞い降りました。BTSのJINが発表したばかりのソロ新曲「The Astronaut」を、Coldplayワールドツアーのゲストとしてブエノスアイレスで初披露することが決定。アルゼンチンのファンはJINの初パフォーマンスすると知らされて大興奮。

ただひとつ問題が。JINを会場いっぱいのペンライトで最高の形で迎え入れたいけど、経済状態の良くないアルゼンチンでは、ARMY御用達のライトスティック「アミボム」が手に入らないARMYがたくさん。さてアルゼンチンのARMYたちは一体それをどう解決したのでしょうか?

2020_0421__SEthumbnail-se_5e0da015-25a3-40c2-8edb-ccc9f1d89801_1000x1000
これがアミボム。ちなみに日本での価格は5.200円
Image: BTS JAPAN OFFICIAL SHOP

まず「アミボム」について少し説明を。BTSのファンは「ARMY」と呼ばれていますが、「アミボム」は「ARMY BOMB」の意味で、BTSのコンサートでファンが持つライトのこと。Bluetoothに繋げるとライブの演出に合わせて自動で連動できるという、自分もライブ演出の一部になれるという最新型のペンライトです。

アルゼンチンではアミボムは入手が難しかったり、また国内の経済状態が良くないため、誰もが高額のライトを買えるわけではありません。2020年に設立されたBTS ARMY Home Argentina というファンベースの管理人Marianさんは、「アミボムはもちろん私たちみんな持つことが夢です、でも、経済的にみんなが買えるというわけではありませんから」と話しつつ、シンプルだけどとても画期的なアイデアでJINの会場を光でいっぱいにすることに成功したのです。その名もパープルライト × JINプロジェクト

スマホを活用して会場を紫に染めた

アミボムに似たスティックライトや自分でいろいろ買ってきて作るのではなく、自分の既に持っているスマホでアミボムを作っちゃおうというもの。BTSのグループカラーは紫なんですが、紫のセロファンをスマホのライトに貼り付けるだけ。JINがステージに現れたら一斉にスマホのライトを点灯させれば、会場は一気に紫色の光に包まれるというわけです。

MarianさんがTwitterでこのプロジェクトを発表すると、シンプルかつみんなが幸せになれるこのアイデアは好評を得て、自分たちが思っていた以上に広がっていったそうです。どこにいたって自作のアミボムでJINを応援できるじゃん! と賛同する人がどんどん増えて、賛同したARMYのひとりは、スマホアミボムの作り方のチュートリアルを作って拡散するなど、暖かい輪が広がっていったのです。他にもこのプロジェクトのことをコンサート前に知らずに、紫のセロファンを用意できなかった人にアミボムキットを配る準備をしているAMRYも出てきました。しかもゴミはちゃんと持ち帰るようにしよう! と呼びかけたメモ入りで。

というわけで、アルゼンチンのARMYたちは自作のアミボムを作り、会場を紫の光でいっぱいにしてJINを迎えたのです。

アルゼンチンARMYの愛、JINさんもしっかり受け取ってくれたはずです!

AirPodsを33組も失くしたK-POPスターとは…

どうやって…?K-POPスターでBTS(防弾少年団)メンバー、ラッパーのキム・ナムジュン氏が、ファンとのライブQ&Aにて、33組ものAirPodsを紛失してお...

https://www.gizmodo.jp/2020/01/kpopstar-lose-airpods.html