Macでの作業に集中したい。そんなときは「バックグラウンドサウンド機能」を使ってみるといいかもしれない

  • 9,560

  • author マエノケンタ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Macでの作業に集中したい。そんなときは「バックグラウンドサウンド機能」を使ってみるといいかもしれない
Image: Shutterstock

iOS15、iPad OS15以降使えるようになったバックグラウンドサウンドの機能。端末内にダウンロードされたホワイトノイズや自然の環境音を流してくれる機能です。

この機能がmac OS Ventra 13.0から Macでも使えるようになりました

いろいろ思うことは一旦置いておいて、使用方法をご紹介します。

使い方

システム設定>アクセシビリティ>オーディオ>バックグラウンドサウンドをオンにします。

2022-11-0111.08.32

このバックグラウンドサウンド、6種類から選ぶことができます。アップデートで今後増える可能性もあると思います(増えて欲しい)。

2022-11-0110.59.35

全部試してみて、僕のお気に入りは「ダークノイズ」でした。テレビの砂嵐の優しい版みたいな音。

なぜこの機能を使うのか

実際のところ、このバックグランドサウンドは使える機能なのでしょうか。

この機能のいいところは、一度素材をダウンロードしてしまえば、通信が必要がないこと。Wi-Fiがない場所、スマホのデータ通信を使いたくない時。そんなときに役立ちます。

イヤホンで音楽を流していると作業に集中できなくなり、ノイキャンだけつけることが僕はあります。でもこの機能なら通信がいらないし、集中の邪魔をしない音が流れることでノイキャン効果が高まる。思ったよりも使い所はあるんじゃないかなと感じました。