シュレディンガーのディスプレイ:iPhone SE 4は有機ELかもしれないし、液晶かもしれない

  • 9,526

  • author そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
シュレディンガーのディスプレイ:iPhone SE 4は有機ELかもしれないし、液晶かもしれない
Image: 8th.creator / Shutterstock.com|左はiPhone 12、右がiPhone SE

かもしれないって言いたいだけかもしれない。

早くも年末ムードを感じ始めた今日この頃、再来年の話しますね。どうやら2年周期に落ち着くらしいiPhone SEの新モデル、つまり2024年リリース予測のiPhone SE 4の話です。ディスプレイは有機ELかもしれないし、液晶かもしれない。

情報を発信したのは、ディスプレイに詳しいアナリストRoss Young氏。Twitterにて、スーパーフォロワー(有料フォロワー)に向けに、Apple(アップル)は安価モデルである時期iPhone SEのディスプレイを決めかねているようだとコメント、フォロワーによって拡散されています。

有機ELか液晶にするか、価格も心配

どうやら迷っているのは、6.1インチの有機ELにするか、5.7インチまたは6.1インチの液晶にするかということ。ディスプレイ技術以前にディスプレイサイズもまだ決定にはいたっていないようです。まだ先だもんね。

ただ、SEで2年買い替えで行く派も少なからずいると思うので、スクリーンサイズくらいはなるべく早く知りたい要素です(あと、そもそもAppleは噂がで始めるのも早い)。ご家庭のガジェット長期予算の組み立てもありますし…。

サイズよりも、有機ELか液晶で端末価格にどれだけ影響するのかが心配です。現在、SEは液晶ディスプレイ搭載で、通常iPhoneシリーズは有機EL。そりゃ、有機ELがいいけれど、材料コストがどれだけ下がるのか、あるいは上がるのかによっては安価モデルに採用されても困ります…。SE最大の魅力は、やっぱり価格だもの

とりあえず今は、箱を開けるまで、有機ELと液晶が重なりあって存在してしまうのがiPhone SE 4みたいです。

Source: MacRumors