Jackeryポータブル電源で「どこでも電気が使える生活」を手に入れる

  • Sponsored By Jackery Japan
  • author 三浦一紀
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Jackeryポータブル電源で「どこでも電気が使える生活」を手に入れる
Photo: 松浦文生

普段の暮らしにも、こんなに便利に使える。

最近よく目にするポータブル電源。車中泊やキャンプなどのアウトドアでの使用はもちろん、防災グッズとしても注目を集めています。

家庭に1台あればいざというとき役立つのはわかるのですが、「たまにしか使わないものを買っちゃうのは…」と、購入するのにちょっと躊躇してしまいますよね。なんとなく、ポータブル電源を日常生活で使っているイメージがわかないんです。

いえいえ、ちょっとお待ちを。ポータブル電源が1台あると、日常生活ってめちゃ便利になるんですよ! 今日は Jackeryのポータブル電源Jackery ポータブル電源 708Jackery ポータブル電源 2000Proを中心に、ポータブル電源があるくらしを具体的にご紹介していきます。これを読めば、ポータブル電源が欲しくなっちゃいますよ!


どこでも電気が使えるから、ベランダで優雅なティータイムやBBQだってできる!

7N5A0463
Photo: 松浦文生

ポータブル電源がもっとも活躍するのは、近くに電源がないところです。身近なところで言えば、お庭ベランダ

キャンプに出かけるほどのテンションではないけど、ちょっと庭やベランダでBBQをやろうかと思い立ったときにポータブル電源があれば、いつも家庭で使っている調理家電やコーヒーメーカー、出力によってはホットプレートなんかも使うことができて便利です。

こんなシチュエーションに強いのが、 「Jackery ポータブル電源 2000Pro」。 2160Whの大容量と定格出力2200Wのハイパワーで、ほとんどの家電を動かすことができます。普段使っているおうちの家電が、庭や屋上でそのまま使えちゃうのすごくないですか?

BBQやキャンプというと、電気を使わないというイメージが強いかもしれませんが、最近はポータブル電源をフル活用して、オール電化でアウトドアをする人も増えています。そう、時代は変わっているんです。



お得な夜間電力で充電しておけば月々の電気代を節約できる!

7N5A0507
Photo: 松浦文生

ポータブル電源というとアウトドアのイメージがありますが、それだけではありません。一般のご家庭でも大活躍してくれます。なんと、電気代の節約にもつながるんです!

ポイントは「夜間電力」。電気料金がお得な夜間にポータブル電源を充電しておき、昼間はその電力でノートPCや小型家電、スマホの充電などに使えば、日々の家計の節約になりますよ。

19万1400mAh/708Whの容量を持つ「Jackery ポータブル電源 708」は、そんな使い方にピッタリ。スマホなら約40回のフル充電、ノートPCなら約9回の充電が可能。リモートワークで家での作業が増えている昨今、日中の電気をポータブル電源で賄えば、けっこうな電気代の節約になりそうです。

最近は電気代も値上がり傾向にあるので、少しでも節約したいという方も多いのでは? 節約の切り札としてポータブル電源をフル活用するというのは、結構ありかもしれませんね。



安心感を通り越して無敵感。ポータブル電源+ソーラーパネルのセットがオススメ

ここまでは日常生活のシーンでの活用法を紹介してきましたが、もちろんポータブル電源は災害時などの備えとしても一家に1台あると、たいへん心強い存在です。

停電時でもポータブル電源があれば、スマホの充電はもちろん、お湯を沸かしたり、電気毛布を使って暖を取ったりすることができます。防災グッズを常備しておくのはもちろんですが、そこにポータブル電源が加わると、ぐっと安心感が高まります。

また、ポータブル電源と一緒にソーラーパネルも用意しておくと、安心感を通り越して無敵感すら感じられます。

ソーラーパネルがあれば、電気のないところでも太陽光でポータブル電源に充電できるので、夜間の電力供給の不安も解消されます。

7N5A0454
Photo: 松浦文生

「Jackery ポータブル電源 2000Pro」とソーラーパネル「SolarSaga 200」を組み合わせたセット「Jackery Solar Generator 2000 Pro」は、最速2.5時間でフル充電が可能。「Jackery ポータブル電源 708」とソーラーパネル「Jackery SolarSaga 100」を組み合わせたセット「Jackery Solar Generator 708」でも約11時間でフル充電にできるので、常にソーラーパネルを空に向けておけば、電気に困ることはないでしょう。

最近は大型のポータブル電源とソーラーパネルを家庭に置いて、オフグリッドを実践している方も増えています。さすがにオール電化とまではいきませんが、ソーラーパネルを活用することで、大幅な電気代節約につながります。




利用シーンいろいろ、ラインアップも選べて、ブラックフライデーでさらにお求めやすくなってます!

7N5A0491
Photo: 松浦文生

これまでご紹介したように、あらゆるシーンで活躍するポータブル電源。Jackeryのポータブル電源は、これまでに紹介した「Jackery ポータブル電源 2000Pro」と「Jackery ポータブル電源 708」のほかにも、幅広いラインアップが用意されています。


1117j1500
Image: Jackery

Jackery ポータブル電源 1500」は、426300mAh/1534.68Whの大容量で、キャンプや災害時に3〜6日使用できるモデル。1800Wの定格出力に対応しているので、ドライヤーや電子レンジなども動かすことが可能です。



1117j1000Pro
Image: Jackery

Jackery ポータブル電源 1000 Pro」は、急速充電に対応したモデルで、容量は1002Wh、定格出力は1000W。ソーラーパネル・コンセントともに最速1.8時間でフル充電にすることが可能です。



Jackeryのポータブル電源ならば、機能や価格帯、利用シーンに合わせた機種が豊富に揃っているので、きっとあなたにぴったりのポータブル電源が見つかるはずです。


jackeryblackfriday1920x1080-1
Image: Jackery

さらに、 Jackery のブラックフライデーで通常よりもかなりお買い得になっています! Jackery公式ストアでは11月23日(水・祝)から29日(火)、Amazonでは11月25日(金)から12月1日(木)までの開催です。 このチャンスを見逃すのはもったいない! このタイミングでポタ電生活、始めてみてはいかがでしょう。日常生活にポータブル電源を取り入れると、電気に対する考え方が変わって、より電気の大切さが感じられるはずです。

Source: Jackery Japan