ランニングなどスポーツとも相性よさげ! 完全ワイヤレスの骨伝導イヤホン「IZELL-WBC01」

  • 10,741

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author kotoha ozawa
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ランニングなどスポーツとも相性よさげ! 完全ワイヤレスの骨伝導イヤホン「IZELL-WBC01」
Image: belleclair

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

イヤホンやヘッドホンは自分にだけ最高の音楽環境が得られる反面、話しかけられた際に反応できず不便な面もありますよね。開放型イヤホンであればまだしも、耳栓効果もあるカナル型だとなおさら。

そんなときに便利なのが骨伝導タイプのイヤホン。耳を塞がず、環境音もしっかり聞こえるのでランニングなどのスポーツとも相性が良く人気が高まっています。

今回ご紹介する「IZELL-WBC01」も骨伝導タイプですが、左右がセパレートされている完全ワイヤレスなのが特長です。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでお得なキャンペーンも始まっていたので、さっそく機能などをチェックしてみましょう。

Video: ベルクレール/YouTube

骨を通して伝える

1661756952525.png
Image: belleclair

私たちが慣れ親しむイヤホンは、いわゆる小型スピーカーを耳に設置している感じですよね。あとはイヤホンの形状によって遮音性などが異なります。

しっかりと自分だけに良い音を届けられる反面、耳を塞いでしまうため周囲の音が聞こえにくくなるのがデメリット。自分ひとりで作業などに集中している際はいいですが、オフィスなどでは困る場合もあります。

original
Image: belleclair

その点、完全に耳を塞がない骨伝導タイプであれば環境音も同時に聞けるため、呼びかけに遅れず反応することも可能になっています。

完全ワイヤレスでより使いやすく

1661758113700.png
Image: belleclair

骨伝導イヤホン自体は現在では珍しい製品ではありませんが、左右がセパレートできる完全ワイヤレスタイプはまだ少ないのが現状。

その点「IZELL-WBC01」は左右が独立しているので、普段使っている完全ワイヤレスイヤホンと同じような感覚で使えるかもしれません。

1661757350999.png
Image: belleclair

片耳は約8~9グラムとのことで、AirPodsなどの一般的な完全ワイヤレスイヤホンよりは少し重たい感じ。

original(1)
Image: belleclair

とはいえ、単純に耳の中に入れる形状ではなく耳たぶを挟み込むようなタイプなので数グラムの重量アップはそれほど気にならないように思います。

防水もしっかり

374eb8de691cf8131db2d3190214abdb
Image: belleclair

製品紹介ではIP規格の防水性能は明言されていませんでしたが、がっつり濡らしても問題ない防水設計になっているとのこと。

これだけの性能であれば汗をかく運動や多少の雨に降られるぐらいは問題なく利用できそうですね。

1661758365572.png
Image: belleclair

連続稼働時間は製品本体のみで3.5時間。スタミナタイプという感じではないですが、ケースでの充電を加味すると昨今のワイヤレスイヤホンの平均値あたりという印象です。

日常からスポーツまで

1661758248775.png
Image: belleclair

骨伝導タイプのメリットはなんといっても耳を塞がずに環境音がしっかりと捉えられるという点に尽きます。オフィスなどでも同僚とのコミュニケーションを遮ることなく、好きな音楽などを楽しめるので仕事効率もアップするかも!?

また屋外ランニングでは車や自転車の接近を察知するために周囲の音を聞くことが重要です。通常のイヤホンを使っているランナーの皆さんは骨伝導タイプを検討してはいかがでしょうか?

尚、自転車で利用する場合、耳を完全に塞がないとはいえ見え方や状況によっては指導対象になる場合もあるので公道での利用は控えましょう。


環境音もしっかり聞こえる、完全ワイヤレスになった骨伝導イヤホン「IZELL-WBC01」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では単品が35%OFFの8,580円(送料・税込)からオーダー可能でした。

気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください。

Source:machi-ya, YouTube