日本の宇宙開発を支えてくれる人工衛星が"かるた"になったって!

  • author 中川真知子
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
日本の宇宙開発を支えてくれる人工衛星が"かるた"になったって!
Image: Starrium

秒でポチった。

私たちの生活は人工衛星に支えられているといっても過言ではありません。

でも、人工衛星って打ち上げられたら最後。その役目を終えたり、道半ばにして燃え尽きてしまったり、どっかに行ってしまったりするんですよね。

なんて儚い運命なんだろう…!

そこで人工衛星をもっと知ってもらおう! ってことで、「人工衛星かるた」ができたんです。

かるたで学ぼう♪ 人工衛星

5cc733f2883fa8773591353936ad1c2f2
Image: Starrium

「人工衛星かるた」に登場するのは、日本から宇宙に旅立った25機の人工衛星たち

デザイナーが描き下ろした人工衛星のイラストが描かれた取り札には、名前、形状、打ち上げ日、大きさ、重さ、周回軌道、ミッションや主要搭載機器などが記載されています。

5e35c9d97052129a8ffc9b97ca7be2d12
Image: Starrium

読み札には、その人工衛星の特徴的なミッションやエピソードが書かれています

想像しながら取り札を取るって面白そう!

人工衛星のこと知りたかったんだ!

b661d6b4a60f56cd6e0f5e3ccfe417402
Image: Starrium

実は筆者は細々と人工衛星の勉強をしています。

でも、宇宙初心者が手に取る図鑑とか本には、個々の人工衛星の詳細な情報って書かれていなかったりするんですよね。

初心者にもわかりやすいかなーと思ったのは、NEC「人工衛星」プロジェクトチーム著の『だれもが抱く素朴な疑問にズバリ答える! 人工衛星の”なぜ”を科学する』かな。しかし、日本の歴代人工衛星を紹介しているわけではない。

だから、「人工衛星かるた」はまさに求めていたものだったんですよね。

お値段は3,750円と決して安くありませんよ。でも、在庫に限りがあるらしいし、何せ筆者がドンピシャで求めていたものだったのでポチっちゃいました。

というわけで、人工衛星に興味がある方は要チェックですよ〜。

人工衛星衝突を回避するためのプラットフォーム「Slingshot Beacon」、無料版をリリース

宇宙ゴミとの衝突を避けるための高精度宇宙用運行管理システム「Slingshot Beacon」無料版がリリース。

https://www.gizmodo.jp/2022/09/slingshot-beacon.html

Source: Starrium