Meta株がメタメタになって泣いて謝る投資情報番組の司会者

  • 17,548

  • author satomi
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Meta株がメタメタになって泣いて謝る投資情報番組の司会者
Image: Shutterstock

FacebookがMetaに改名して1年。

メタバースがテイクオフする前にリアルマネーが底を突くのではないかという危機感が投資マインドを冷えこませています。

26日の第3四半期決算でもメタバース部門(リアリティー・ラボ)の赤字には一向に好転の兆しが見えず、来年さらに赤字が大幅に増すとの暗い見通しが示され、ここまでなんとか買い支えてきた投資家も次々と脱落。2021年9月には1兆ドルを超えるメガプレイヤーだったFacebook(Meta)は、1年余りで株価が67%下がって時価総額7000億ドルが消失。マーク・ザッカーバーグCEOの個人資産も880億ドル(約13兆円)減って377億ドル(約5.6兆円)に縮小してしまいました。

投資情報番組『Mad Money』の司会が謝罪

20221029JimCramer
Image: Twitter
CNBC via @unusual_whales

メタバースで庭仕事する自身のアバターに感動して6月に「買い」を推奨したばかりのジム・クレイマーもこの急降下には絶句です。CNBCの生出演で「俺が間違っていた」と声を詰まらせて平謝りしていますよ。

いくらInstagramやWhatAppがFacebookに並ぶ勢いでユーザー数を伸ばしていても、これだけ投資家圧力があればさすがのザックも人員削減を考えなければいけなくなりそうです。「ベストパフォーマーも自分の身は安泰と思うな。200%働いて結果を出せ」を檄を飛ばしてるそうです。

Appleに食われた100億ドルの広告収入

今期の赤字には、終わりの見えないメタバースへの先行投資と並んで、もうひとつの理由があります。Appleです。

4月にAppleはiPhoneのプライバシーポリシーを変えて、「(アプリによる)トラッキングを許可しますか?」という確認画面を出しはじめたわけですが、こうして改めて確認されるとついつい下の「許可」ボタンではなく上のボタン「トラッキングしないように要求する」に指は動いちゃうもの。これでターゲット広告が出しづらくなって、興味範囲にそぐわない広告が増えてコンバージョン率が減り、広告収入が頭打ちとなります。

年内に広告費が100億ドル(約1兆4746億円)減るだろうという、2月にMetaが出した予想のとおりに事は進み、プライバシーポリシー改定後の今年第2四半期には、企業の広告予算に占めるシェアがAppleは昨年第1四半期の10%から5%増えて15%に大躍進したのに対し、Facebookは32%から28%に4%減って、Googleは35%から34%に1%減り、ウェブ広告2台巨頭のFacebookとGoogleにAppleががっつり食い込む展開になりました。

まだこの2社に比べたらAppleの広告収入は微々たるものですが、広告収入はメタの事業総収入の約99%を占める屋台骨ですので、なんとしてでもハード(iPhone)の囲い込みを突破してメタバースに活路を見出したいところ。

方向性としては間違っていないのですが、スマホに代わるプラットフォームづくりにはなにしろお金がかかります。実現は痛みを伴う険しい道になりそうです。

Source: Twitter, Meta, unique one,