「現実世界」の問題を解決したいマーク・ザッカーバーグ。Meta、1万1000人のレイオフ

  • author 宮城圭介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
「現実世界」の問題を解決したいマーク・ザッカーバーグ。Meta、1万1000人のレイオフ
Image: Meta

Metaはチームの規模を13%削減し、1万1000人の解雇を行うことを発表しました。ザッカーバーグ氏は投稿したブログ記事において、

「パンデミックによるeコマースの急増と収益の増加が恒久的に続くと予測し、投資を大幅に増やしていたが、予想通りに進まなかった。eコマースが以前のトレンドに戻っただけでなく、マクロ経済の低迷、競争の激化、広告の減少により、収益が予想をはるかに下回った。影響を受けた人にとっては申し訳ない」

とコメントしました。

今後のMeta

ザッカーバーグ氏は「裁量的支出を削減し、第1四半期まで雇用凍結を延長することで、より無駄のない、より効率的な会社になるために、さらに多くの措置を講じています。」とも述べています。これにより、2023年第1四半期までの採用も凍結すると考えられます。Metaは今後、ビジネスチームを大幅に再編成する予定のようです。

レイオフ対象者の待遇

アメリカで解雇された従業員は、16週間の退職金、残った有給休暇に対する支払い、制限付きの株式の支給を行います。健康保険に関しては、従業員とその家族分を6カ月間カバーします。3カ月間キャリアサポート(未公開の求人情報への早期アクセスを含め、外部ベンダーによる3カ月間のキャリアサポート)の提供、ビザを持っている従業員には移民サポートを提供すると発表しています。

ザッカーバーグ氏は、「現在Metaは企業として非常に過小評価されている」と断言し、何十億もの人々がそのサービスに接続しており、そのコミュニティが成長し続けていることを強調しました。

Sorce: Meta, Gizmodo US