ペンタックスの新APS-C一眼レフ「PENTAX KF」はどこかで見たカタチ

  • 11,211

  • author 武者良太
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ペンタックスの新APS-C一眼レフ「PENTAX KF」はどこかで見たカタチ
Image: RICOH IMAGING COMPANY

2022年に新発売されるレフ機はとても貴重ですね。

ペンタックスAPS-Cセンサーを搭載した一眼レフデジカメ「PENTAX KF」を発表しました。有効画素数約2,424万画素、ISO感度100-102,400、 ファインダー視野率約100%のペンタプリズムを搭載したモデルです。

Video: RICOH IMAGING / YouTube

野外撮影で威力を発揮するグリップ感

009_kb619_back2_12
Image: RICOH IMAGING COMPANY

背面ディスプレイは3インチのバリアングル。 ボディ内手ブレ補正は4.5段分で、自動水平補正機能も採用しています。よくいえば基本に忠実で扱いやすい一眼レフ。悪くいえば地味。動画だってフルHDまでしか撮れませんし。

010_kb619_side12
Image: RICOH IMAGING COMPANY

ですが、コイツはアウトドア撮影時に頼れるという強い個性があります。防塵・防滴かつ-10℃の寒々とした場所でも使えるボディで、手袋をした状態でも握りやすいグリップ形状なんですね。

02_kf_white2-1
クリスタルホワイトモデル
Image: RICOH IMAGING COMPANY


s0001232_kf_body_bl_1_13
クリスタルブルーモデル
Image: RICOH IMAGING COMPANY

気になるお値段はボディが12万円前後、 防滴構造の18-55mmレンズが付属するキットが14万円前後です。クリスタルブルーとクリスタルホワイトカラーは、700台の限定生産で直販のみとなります。

ところで。ここで。旧モデルであるPENTAX K-70をご覧いただきましょう。

s0016996_1__1_12
Image: RICOH IMAGING COMPANY

おわかりいただけただろうか…。

「リコーイメージングは生まれ変わります」宣言。デジカメ事業の態勢も変わるみたい

なんだかアツい宣言です。PENTAXブランドを有し、唯一無二のスナップシューター「GR」シリーズを手掛けてきたリコーイメージング株式会社。2022年1月20日...

https://www.gizmodo.jp/2022/01/ricoh-announcement-2022.html

Source: RICOH IMAGING COMPANY