えっ、マジ? 70万円の新型EVがインドデビューへ

  • 6,414

  • author 湯木進悟
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
えっ、マジ? 70万円の新型EVがインドデビューへ
Image: pricebaba

EV新常識…!

いま地球環境のことを考えて、ガソリン車よりもハイブリッドカー、そしてEV(電気自動車)へのシフトが、世界で急速に進んでいます。それはインドでも同じことらしく、このほどpricebabaは、ムンバイのPMV Electricが今月発表予定の「EaS-E」というEVが、衝撃のデビューを飾ることになると報じましたよ。

破格値のEV

日本なら軽自動車に分類されるであろうEaS-Eの最大の特徴は、その40万ルピー(約70万円)前後になると予測されている販売価格です。これまでインドで最安のEVは、大手メーカーのTata Motorsが発売した「Tiago EV」ですけど、それでも日本円にして150万円ほど。もしEaS-Eが噂通りの価格で発売されるならば、その半額以下を実現することになります。

EaS-Eは、フル充電なら200kmという航続距離になるほか、そのコンパクトデザインゆえに、街乗りで細い路地でも運転しやすい魅力を発揮する日常使いのEVとして普及するだろうといわれていますね。日本でも軽自動車の日産「SAKURA」でEVデビューした人を、ちらほら見かけるようにはなりましたけど、やっぱり安い買い物ではありません。破格の小型EVは、実はインドを超えて、世界の大都市などで待望される存在となっていく可能性すら秘めていそうですよね~。

シトロエンのオシャレで可愛いEVバギー、限定50台が17分28秒で即完売

シトロエンの小型EV「ami」のバギーバージョンがフランスで発売。限定50台が17分ほどで売り切れとなりました。

https://www.gizmodo.jp/2022/06/citroen-my-ami-buggy.html

Source: pricebaba