今年はロボット掃除機買って大掃除終わったことにしません? Roborockから頼れる2シリーズが出ましたし!

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
今年はロボット掃除機買って大掃除終わったことにしません? Roborockから頼れる2シリーズが出ましたし!
Image: Roborock

ゴミ収集はもうマストであっていいと思うのです。

そろそろ「大掃除」なんてキーワードが増え始める季節。みなさん大掃除って毎年やってます? 僕的には、「日々キレイになっていれば大掃除要らなくね?」という考え方もまた真理だと思っていて、どっちかというとこの意見を尊重したいタイプ。

そう、「日々キレイ」を実現できる、性能の良くて楽できるロボット掃除機をお迎えするのも、大掃除の一貫だと思うんです! そんなニーズにマッチしているのが、Roborock(ロボロック)の新モデルです。

センサー盛り盛りで頭が良くてゴミ捨ても自動化「Roborock Q5+」

2022-11-17rok01A
Image: Roborock

こちらはゴミの自動回収機能を備えた「Roborock Q5+

LDSレーザーセンサーによる正確なマッピングと、頭の良いお掃除アプローチが自慢です。特徴をまとめますと…。

・レーザーセンサーで間取りを正確に把握

・どの部屋から順番掃除するか?といった指定もOK

・最大4枚のマップを保持できるので、1階と2階など異なる間取りにも対応できる

・間取りを3Dで立体的に表示

・生活ルーティンに合わせた掃除パターンを設定

・最大60日分のゴミを回収できる自動ゴミ収集ドックを装備

・直販価格で11万5280円

となっています。ゴミ収集機能が付いているので、稼働毎のゴミ捨てが要らないのが最高に怠惰でいい!

また、僕もロボロックのお掃除ロボットが家に居ますけど、ロボロックのお掃除ロボットって、間取りの認識がかなり正確。効率的なルートをちゃんと導き出して、頭良く効率的にお掃除してくれる印象があります。

さらにユニークなのが、レーザーセンサーによって部屋の間取りを3Dで作ってくれるところ!

2022-11-17rok02.jpg_th
Image: Roborock

立体的に間取りがわかる! ってユーザーからしたら「ちょっと珍しい」的なことなんですけど、見方を変えると、ロボットが部屋という空間を3次元的に理解している。という事実が分かります。これだけ見ても、精度高けーな! って。

値段もちょっと高めですけど、ゴミ捨ても自動化できますし、頭の良いロボット掃除機を! というニーズには、かなりマッチしたモデルかと!

水拭きもしてほしい? ならば「Roborock Q7+」におまかせ!

2022-11-17rok03
Image: Roborock

うちは基本裸足だから、皮脂汚れが多いしなぁ…。なんてご家庭は、このRoborock Q7+」をどうぞ

こちらも最大60日分のゴミを収集できたり、レーザーセンサーによる高精度なマッピング機能も搭載。「Roborock Q5+」と同様の機能を備えているので効率的にお掃除してくれますし、吸引掃除に加えて水拭きによる拭き掃除もしてくれるので、一度のお掃除で床がスッキリ生まれ変わります。

「Roborock Q7+」の価格は12万6280円。…ん? 約1万円の差額なら、水拭きできるこっちの方がお買い得だったり?

うーん、皆さんならどっち選びます? どっちにしても、毎日の掃除が楽できるのは確実です。

ロボット掃除機はモップを自分で洗う時代らしい

床掃除しない暮らしを夢見たくなっちゃう!そんなロボット掃除機がRoborock(ロボロック)から発表された新フラッグシップ「Roborock S7 MaxV ...

https://www.gizmodo.jp/2022/08/roborock-s7-maxv-ultra-1.html

Source: Roborock