スティーブ・ジョブズの愛用サンダルがオークションへ、落札額は驚異の3000万円超え

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スティーブ・ジョブズの愛用サンダルがオークションへ、落札額は驚異の3000万円超え
Image: Julien's Auctions

カリスマが進んだ道を踏みしめたサンダル…。

今や世界的大企業となったApple。過去の製品は歴史の1ページとして、オークション出品され高値で落札されています。製品だけでなく、スタートアップ時のAppleの小切手や、スティーブ・ジョブズ氏の履歴書が出品されたこともありました。Appleという企業、そして創設者の1人であるジョブズ氏に熱狂的なファンが多いということですね。ただ、これを欲しいと思う人はかなりの強者。今度はジョブズ氏がかつて履いていたという古いサンダルがオークションに出品されました。落札額はなんと21万8750ドル、日本円で約3000万円!

出品されたサンダルはビルケンシュトック。1970年代から80年代にかけてジョブズ氏が愛用していたものだそう。所持していたのは、ジョブズ邸の管理マネージャーだったというMark Sheff氏。ビルケンシュトックのサンダルに出会ったジョブズ氏はその履きやすさと実用性にえらく感動したそうで、ビルケンシュトックのアメリカ展開を行なったMargot Fraser氏は、ジョブズ氏がサンダルの素材から技術面まですべてを知りたがっていたと思い出を語っています。

ジョブズ氏が愛したサンダルとして展示会にも何度か出品されており、その中でジョブズ氏の最初のパートナーだったクリスアン・ブレナン氏が、懐かしいと語ったこともありました。いわく「サンダルは彼のシンプルな面の一部だった。彼のユニフォームだった」そう。

ファンだけでなく親しい人の心も捉えたジョブズ氏のサンダル。それにしても3000万円とは…。サンダルが出品されたJulien’s Auctionsは、事前に落札額を6万ドルから8万ドルと予想していましたが、かなり大きく超えてた結果に。過去にもジョブズ氏の所有物がオークションに出品されたことがありましたが、今回の落札額はずば抜けています。ジョブズ氏のカリスマ性は増すばかりです。

スティーブジョブズ死去から10年。アップルの「Steveを称えて」を見る

今日で10年でしたね。アップル共同創業者のスティーブジョブズが他界したのは、2011年10月5日。アップル公式ページでは「Steveを称えて」という特別ビデオ...

https://www.gizmodo.jp/2021/10/243558.html

Source: Julien’s Auctions