インクでできたマイクロニードルで痛くないタトゥーが実現するかも

  • author Andrew Liszewski - Gizmodo US
  • [原文]
  • そうこ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
インクでできたマイクロニードルで痛くないタトゥーが実現するかも
Image: Song Li, Georgia Tech

タトゥー好きの人にとって、その魅力はデザインだけでなく、痛みを乗り越えたという思いにもあるのかもしれません。でも、もし痛くないタトゥーができたらどうですか? もっといれちゃう? ジョージア工科大学が研究している医療技術が実現すれば、痛くないタトゥーが可能になるかも。

医療利用向けとしてジョージア工科大学が研究しているのは超微細な針、マイクロニードル技術。開発中のマイクロニードルは砂粒よりも小さいそうですが、最大のポイントは、この針がなんと特殊なインクで作られているということ。

実際にタトゥーで使用される溶解マトリックス型のインクを、針状にパッチに付着させ、これを肌に貼りしっかり押し付けるというのがジョージア工科大学のアイディア。パッチを外すと、インクが肌に滲みこみ絵柄だけが残ります。痛みもなければ、流血も腫れもありません。針を作るインクの色は問わないでの、フルカラーデザインも可能。針のパッチデザインは、ピクセルアートのように作ることができます。タトゥーのもちは1年ほどだそうですが、インクの種類によってはもっと短期間も可能です。

221115painlesstattoos01
Image: Song Li, Georgia Tech

タトゥーはファッションとしてだけでなく、医療の現場で使用されることもあるそうで、例えば、ガン患者の放射線治療にて、迅速かつ的確に照射するための印として小さなタトゥーを入れるとか、手術の跡を隠すために周りにタトゥーを入れる人もいるといいます。インクマイクロニードルなら痛みがない上に、使用するインクによっては、紫外線下のみで表れるなど、医療情報をアイコンで記すという使い方もできます。

ただ、マイクロニードルタトゥーの技術は、現時点では従来のタトゥーの芸術性を超えるレベルにはないとのこと。理由は針の小ささや密度から、タトゥーアーティストほど繊細な絵は描けないんですって。これは今後の技術進化しだいですけどね。

タトゥーは人体に長期的な害をもたらす?新研究で警鐘か

アウトローな雰囲気の漂うタトゥー(刺青)には、さまざまなリスクも伴うとされてきました。でも、いまではファッションの一部として、以前より広く受け入れられている国も...

https://www.gizmodo.jp/2017/10/particles-in-tatoo.html

Source: iScience