スリムでも余裕の収納力。「釣り特化型パンツ」に細身タイプが登場

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スリムでも余裕の収納力。「釣り特化型パンツ」に細身タイプが登場
Image: Bywater

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

これまでに支援総額1300万円を達成したペインターパンツが、待望の新バージョンをリリース。ユーザーの要望を取り入れ、細身シルエットに進化を遂げています。

ポケットやループをたくさん備え、水や汚れ、摩擦にも強い釣り特化型パンツ」は、釣り人をはじめ、キャンプや撮影なんかでも活躍してくれること請け合いです。

今回machi-yaに登場した万能なペインターパンツ。多機能なところが目に付きがちですが、実際に着用している人の声から、普段の履き心地にもポイントがあるのは明らかです。「釣り特化型パンツ」の細身シルエットVer.について、その魅力がどこにあるのかを探っていきます。

履き心地へのこだわりがファンを惹きつける

釣り特化型パンツ01
Image: Bywater

元はゆったりシルエットだった「釣り特化型パンツ」ですが、しゃがんで作業する機会の多いアウトドアでのメリットは大きかったものの、“毎日履く”との声も多かったよう。幅広いシーンで着用しやすい細身シルエットVer.が登場するに至りました。スリムになったとはいえ、履き心地重視のスタンスは貫かれているので、動きやすくて快適なのに変わりはなさそうです。

従来の、軽い(Mサイズで約420g)、汚れに強い…といった特長も相まって、日常生活でも履きやすいプロダクトなんじゃないでしょうか。

たくさんのポケットとループが作業効率アップに

釣り特化型パンツ02
Image: Bywater

ペインターパンツ本来の多機能との特長も、「釣り特化型パンツ」ではさらに強化されています。8つものポケットを備えているので、スマホや財布といった普段持ち歩いているものに、釣り小物やアウトドアギアが加わったとしても問題なし。

ハンマーループをはじめとしたループも豊富に備えているので、釣った魚をキャッチするランディングネットやテント設営のためのペグハンマーを使った作業にもってこいです。

釣り特化型パンツ03
Image: Bywater

ペインターパンツ特有のダブルニー仕様もさらにパワーアップ。膝の部分の生地が2重になっているうえに、クッションを入れるスペースが設けられているため、安心して膝が付けます。これなら膝を付くことが多いシーン、たとえば撮影や子どもと遊ぶときなんかにも重宝しそうです。

蓮の葉の構造を模した撥水加工はコーヒーこぼれにも強い

釣り特化型パンツ04
Image: Bywater

過酷なアウトドア環境にも対応できるポテンシャルを備えているのも魅力。象徴的なのが蓮の原理を応用した撥水技術の実装です。

「釣り特化型パンツ」の生地には、蓮の葉の表面を模した凹凸が設けられています。これにより、きれいに水を弾いてくれるので、水辺でのアクティビティはもとよりコーヒーこぼれなんかにも対応しやすいんです。

釣り特化型パンツ05
Image: Bywater

コーデュラナイロン素材を採用しているので、耐摩耗性や耐久性に関しては申し分なし。コンクリート製の防波堤に腰掛けるシーンも想定してつくられていることを考えると、強度はたいがいの日常シーンにおいて十分すぎるほどです。たとえ毎日履いたとしても、長期間にわたって愛用できそうです。

「釣り特化型パンツ」の細身シルエットVer.は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では、一般販売予定価格より10%OFF、17,100円(消費税・送料込み)から支援可能な状況。S~XLサイズ、ブラックとネイビーのタイプが用意されています。

ご紹介してきたもの以外にも、ライフジャケットと競合しないようウェビングベルトを採用したなど細かな工夫が盛りだくさんです。ぜひ以下のWebページで詳細をチェックしてみてください。

>>「街」でも「釣り」でも「キャンプ」でも、8つのポケットでたっぷり収納できるパンツ

Image: Bywater

Source: machi-ya