「無用の用」を形に。仏具の技術で作った棒付きキャンディー入れ

  • 5,167

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
「無用の用」を形に。仏具の技術で作った棒付きキャンディー入れ
Image: U,

実用性があるのかないのか?ってところがミソ。

世の中に溢れる商品は、ほとんどが何かに役に立つため有用に作られています。持っていると便利だったり、作業がより円滑に進むなどの意味が与えられていますよね。一方で荘子は昔、世間の役に立たない物が別の意味で貢献する「無用の用」を説きました。

「無用の用」でアメちゃんをしまう

富山県高岡市は仏具作りが400年に渡る伝統産業なのだそうで、そこで培われた技術とインテリアデザイナーが手を組み、「無用の用」を体現したかのようなロリポップ型キャンディー入れ「candy」を作りました。

221213_ucomma1
Image: U,

ツルンとした見た目でキャンディーすべてを包み込み、ゴージャスな気分で持ち運ぶことを可能にするだけでなく、懐から取り出した時に人を驚かせ、笑わせれば場が和みます。

デザイナーは進藤篤さんで、作ったのは有限会社佐野政製作所。仏具は仏壇やおりんなど、地味~な印象ですが…よく考えれば職人技は目を見張るものがありますもんね。

カラバリはゴールド、ブラック、シルバー、カパーの4色があり、いずれも3万5200円。単なるキャンディー入れにこのお値段が出せるかどうかで、その人の粋さ気概が分かるような気がします。

キャンディーのデザインは誰?

ちなみにですが、「candy」を入れる「チュッパチャプス」のロゴはサルヴァドール・ダリによるデザインだったりします。芸術的な観点で見ると、相性が良いかもしれません。

京都・東本願寺がキャッシュレスお賽銭に対応

京都の東本願寺が、cashlessお賽銭システムを導入するとのこと。京都市内にある本山寺院としては初めてなんだそうです。10月12日からはJ-CoinPayとU...

https://www.gizmodo.jp/2020/10/higashi-honganji-cashless.html

Source: ATSUSHI SHINDO, 有限会社佐野政製作所 via U,, Instagram via AXIS Web Magazine