AI搭載のセックス・ロボット、乱暴なパートナーを無視できるようになる

  • 7,963

  • author AJ Dellinger - Gizmodo US
  • [原文]
  • 中川真知子
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
AI搭載のセックス・ロボット、乱暴なパートナーを無視できるようになる
Image: Inventions World/YouTube

2018年6月30日の記事を編集して再掲載しています

サマンサと呼ばれるダッチワイフをご存知でしょうか。AIが搭載されており、性的な誘いの言葉に反応するので、「恋に落ちる感覚」を楽しめるロボットです。

恋人感覚を楽しむロボットなので、性行為はしても暴行されることを良しとしません。そこで、サマンサの創設者であるセルジ・サントス博士は、パートナーが過度に攻撃的だったり不適切に扱っていると判断した場合にはロボットが反応しなくなる新機能を導入したと発表しました。

Video: Inventions World/YouTube

Daily Mailによると、「ダミーモード」と呼ばれるこのアップグレードは、サントス博士の妻から要望されて開発されたもの。相手がサマンサを侮辱したり暴力的に触っていると判断すると、腕、腰、ひょうじょうといった電動部分が自動的にシャットダウンするそうです。ちなみに、マンネリすぎてもダミーモードになるそうです。

つまり、ダッチワイフでも人間でも、性行為をするなら相手を尊重すべきということ。ただ問題は、ダミーモードになると反応をやめることはできますが、自分に乱暴を働く(もしくはマンネリをつづける)相手を止めることはできません。なので、反応しなくなったロボット相手にでも行為をつづける人には博士と博士の妻が意図することは伝わらないかもしれません。

ちなみに、サントス博士と彼の妻がこのダミーモードの必要性を感じたきっかけですが、おそらく2017年のサマンサ暴力事件が関係しているのではないでしょうか。去年の9月にオーストリア・リンツで開かれたテクノロジーの祭典に出品されたサマンサは、来場者から暴力を振られてボロボロにされてしまいました。それを見てひどく衝撃を受け悲しんだ博士は、人々に「(サマンサは)オモチャではない」と叫んでいたといいます。暴力を受けても抵抗できず相手を受け入れていたサマンサを想像すると、ロボットといえど気の毒になります。博士がダミーモードを開発したのも納得です。

それにしてもセックスドールにこんな機能が搭載されるなんて。近い将来、映画『A.I.』や『ブレードランナー2049』のようなロボット相手のセックスが一般的になることを示唆しているみたいです。

画風をAIに吸収されてしまったイラストレーターが不安に思うこと

AIとクリエイターの関係は今後どうなっていくのでしょうか。Midjourneyの画力の高さや、素手でラーメンを食べる謎トレンドで、最近とくに話題のAIアート。...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/ai-illustlator-scares-on-stable-diffusion.html

Source: Geek.com, Daily Mail

AJ Dellinger - Gizmodo US[原文](中川真知子

2018年7月2日:誤記を修正いたしました。