AppleのAccessibility Videoを見て、最近のSNSの風潮に思うこと

  • 13,251

  • author 尾田和実
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
AppleのAccessibility Videoを見て、最近のSNSの風潮に思うこと
Image: Apple Japan/YouTube

テクノロジーってこういうことのためにあるはずじゃないの? まじで。

12月3日、国際障害者デー(障害者週間)にAppleが公開したAccessibility Videoを見て猛烈に感動したので、紹介をさせてください。

障害を持つ人々の創造性とリーダーシップを讃え、彼らの物語を知り、そして伝えるというコンセプトで作られたストーリーです。

Video: Apple Japan/YouTube

心を打たれたのは、Appleのテクノロジーの凄さではなく(もちろんすごいけど)、出演された方々がみな「世界を変えよう」としていることにです。イノベーションはここから始まるし、テクノロジーはAccessibilityのためにこそあるんだと実感させられます。そんな「マイノリティーの目線」から始まるイノベーションの例は、このビデオだけでなく枚挙に暇がないのかもしれません。だからこそ、ギズモードはイノベーション(=社会変革)を伝える媒体じゃなきゃいけないんですよね。

スクリーンショット2022-12-0722.09.47-1
Video: Apple Japan/YouTube

我が身を振り返って、その熱意を失ってはいなかったか? ちょっと反省してしまいました。

今のSNSを起点とした風潮だと、ひょっとしたら「お花畑」とか「所詮はプロモーションだろ」と揶揄する人もいるのかもしれません。でも、本当に重要なのは「これは我々かも(或いは我々でないかも)しれない」という共感ではなく、「私たちを取り巻く社会」に対する冷静な認識と、その冷酷な現実を補完する知恵(アイディア)なんだと思います。

あたらしい発見に出会える最高の学び場。「Today at Apple」でiPadを使ったデザインコンセプトを教わってきた

2017年からスタートしたToday at Appleは、写真撮影に必要なスキルやApple製品を使ってコーディングが学べるなど、豊富なセッションが数多く用意...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/today-at-apple-creativity-for-business.html

Source : Apple