ブガッティから子ども用のクラシックカー「BABY II」。究極のロードスター「W16 ミストラル」購入者限定

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ブガッティから子ども用のクラシックカー「BABY II」。究極のロードスター「W16 ミストラル」購入者限定
Image: BUGATTI

どこの億万長者が買うのかな?

スーパーカーを超越したハイパーカーを作る、イタリアの自動車メーカーBUGATTI(ブガッティ)。去る8月末に、世界限定99台の究極のロードスター「BUGATTI W16 MISTRAL」を発表しましたが、今度はその「ミストラル」にインスパイアされた、子ども用のクルマ「BUGATTI BABY II CARBON EDITION」が誕生しました。

「ミストラル」版の「タイプ35」

共同制作をしたのは、2019年にブガッティ110周年記念で子ども用「タイプ35」を作ったThe Little Car Company。「BABY II」は見た目が「タイプ35」のままですが、あらゆるパーツがカーボンファイバー製で、ヘッドライトは「ミストラル」同様LEDが水平に埋め込まれ、サイドにフランス国旗が手描きされています。インパネにはシャーシ番号とモデル名が刻まれており、1台1台が特別な存在です。

221222_bugatti2
Image: BUGATTI

約7億円で「MISTRAL」を買った人限定

実は身長190cmまでの大人も乗れるサイズで、最高時速68kmで走るとのこと。公道使用は不可なので、豪邸の広い庭で乗り回すしかないんですけどね。

気になるお値段は超セレブ価格の8万ユーロ(約1130万円)。ただし500万ユーロ(約6億9800万円)の「BUGATTI W16 MISTRAL」を買った人だけに追加購入する権利が与えられます。つまり「BABY II」も購入者数によりMAX99台しか作られないということに…。

このハードルの高さは、石油王クラスの人しか入手できなさそうですね。せめてどこかに展示でもされるなら、一度拝みに行ってみたいものです。

リアルなマリカーみたい。部屋の中に自由にコースを作ってスマホで運転する家庭用レースカー

長い歴史を持つ『マリオカート』を、リアルにやってみたいと思ったことのある人は少なくないはず。本物のカートで路上を走るアクティヴィティーもありますが…自宅でもっと...

https://www.gizmodo.jp/2022/09/modiplay.html

Source: BUGATTI, facebook, The Little Car Company via NEW ATLAS
Reference: Response