iPhoneは逃れられるのか?EUの「誰でもバッテリー交換できるようにしないとダメ」法案

  • 11,324

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
iPhoneは逃れられるのか?EUの「誰でもバッテリー交換できるようにしないとダメ」法案
Image: Shutterstock

使い回せるものは使いまわしましょ。

最近のEUの動向

脱炭素に邁進するEUでは、ついにUSB Type-C統一宣言が現実のものとなりました。さらにエコを加速させるべく、今度はバッテリーに関する新たな法案が提案された模様です。

その内容は、消費者が自分でバッテリーを交換できるようにしなきゃダメですよってもの。

提案された法律の内容

PocketNowが欧州議会のサイトで発見した内容がこちら消費者は家電製品のポータブルバッテリーを、自身で「簡単に」交換できるようにすることを企業に要求するものです。

法律施行から3年半後に実施しましょうとのことで、Type-C統一への猶予が約2年であることを思えばやや余裕がある期間設定。

同時に、リサイクルに関する義務も付帯します。バッテリーには化学成分や容量、性能、耐久性などのスペックを明記し、分別回収が記載されたマークやQRコードを貼り付ける予定です。

また、LMTバッテリー(light means of transport、キックボードや電動自転車に使用される軽移動手段用電池)と、2kWh以上の産業用およびEV用バッテリーには、型式や用途などの情報を含んだ「デジタルバッテリーパスポート」の交付を義務付けるそう。

具体的な回収目標は、ポータブルバッテリーの場合は2023年までに45%、2027年までに63%、2030年までに73%としています。バッテリーはコバルトやニッケルなどのレアメタルを含んでいるので、リサイクルの促進は脱炭素と並行して進めたい課題でしょうね。

Apple製品を分解できるようになる?

で、こうなると気になるのがバッテリー交換どころか分解するままならないAppleのデバイス

9To5Macは、Appleはユーザーに修理に必要なパーツとマニュアルを送付するセルフ修理プログラムを引き合いに出す可能性が高いとみています。ただ、セルフ修理が「簡単な」バッテリー交換とみなされるかどうかは…。サムスンも似た取り組みを始めてますね

もし法案が施行されれば、充電ケーブルの代わりに分解キットを同梱したiPhoneが販売されたりする世界線もさもありなん。実際バッテリーの発火事故はおそろしいし、何かしらのバッテリー・シンギュラリティは期待したいですねぇ。

EU内の飛行機では「機内モード」がいらなくなる

来年からEU諸国では「機内モード」さようなら〜。EUでは来年から上空でスマホでネット使用可能になり、なんなら通話まで可能になりそうみたいです。これまで乗客は料...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/airplane-mode-uk-airlines-air-travel.html

Source: PocketNow