クリスマスのモミの木が不足。干ばつの影響でガンガン枯れています

  • author Angely Mercado - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
クリスマスのモミの木が不足。干ばつの影響でガンガン枯れています
Photo: Shutterstock

その数、例年の倍。

海外ではクリスマスに本物のモミの木を買って、車の屋根に縛り付けて持って帰り、家で飾りつけをします。そんなモミの木がアメリカ・オレゴン州では干ばつのせいで枯れまくるという事態に。アメリカ合衆国森林局によると、オレゴン州・ワシントン州ではなんと123万エーカー(約5000キロ平方メートル)もの範囲で枯れたモミの木が確認されているとのことです。そのうち1万エーカーはオレゴン州。クリスマス目前にかなりのダメージです。

過去最悪のさらに2倍

アメリカ合衆国森林局は毎年モミの木の調査をしているそうですが、今年は非常事態。「今年の枯れは、これまでの歴史で一番酷かった時の2倍にも及んでいます」とアメリカ合衆国森林局のDanny DePinte氏

オレゴン州とワシントン州は特に今年は気候変動による気温の高さと降水量の減少が目立っていたということです。そのため両州では異常な乾燥により干ばつが続き、木々が次々に枯れていってしまったそう。干ばつによって弱ってしまった木は虫の影響も受けやすく、さらに弱って枯れていってしまうことも多いのです。

クリスマスのモミの木も不足

オレゴン州だけでなく、アメリカ中のモミの木の農家が干ばつに困っているそうで、マサチューセッツ州のある農家は、この春に植えた木のうち1000本以上が枯れてしまったとCNBCのインタビューに答えています。これはこの農家が所有する木々のおよそ90%以上の木を失ったことになるそうで、かなりの痛手です。

テキサスでも毎年地域の家族がクリスマスツリーを買いに来る農家が販売する木がなくて閉店してしまったり。アメリカ中でこのような状況になっています。

クリスマス前でモミの木不足が注目されていますが、干ばつの影響を受けているのはモミの木だけではありません。農作物も同じように大変なことになっています。トマトと玉ねぎの農家は収穫率が歴史的に低くなっているとのことです。野菜の値段もますます上がって、物価上昇もさらに進んでいってしまうので、極端な雨は困りますが、ちょっと恵みの雨が降ってほしいですね。