フルカラースクリーン付きキーボードに大興奮。打鍵に反応してアニメーションが動く

  • 13,941

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
フルカラースクリーン付きキーボードに大興奮。打鍵に反応してアニメーションが動く
GIF: Evermore/YouTube

キーボードに革命が起こる!

光れば光るほど良い

デスクトップPCをはじめ、マウスやキーボード、マウスパッドなど、RGB LEDが極彩色に光り輝くゲーミング用デバイス。もうアレ以上は派手にしようがないほど、完成されているように思えますが…?

eSports用ゲーミングマウスを作るFinalmouse(ファイナルマウス)から、キーキャップの下がフルカラーのスクリーンになっているキーボード「Centerpiece」がお目見えしました。

キーボードにディスプレイがフュージョン

キーの下で鯉が泳いでいたり、打鍵に応じて波紋が広がり火花が散ったり、とにかく凄まじいグラフィックとアニメーション。ついつい見ちゃってブラインドタッチができなさそうです。

Video: Evermore/YouTube

キーボードとしても使い勝手が良い

走るライオンをキー操作でジャンプさせたりして、キーボード内でも遊べるゲームがあるようですね。この技術は、「Laminated DisplayCircuit Glass Stack(LDGS)」という技術で実現したとのこと。

名前から想像するに、ディスプレイの基盤をラミネート加工しガラスで挟んだということなのでしょうか? 個別に重ねたガラスのガスケットにより、打鍵感が他と違うともあります。ただ画面があって派手なだけではないんですね。

キーはGateron Inkブラックスイッチが採用され、激しいタイピングでも耐えられます。それにユーザーはキーのアクチュエーションとリリース・ポイントの距離が調節できるのこと。それぞれが打ちやすいキー操作が可能になります。

グラフィックは自作して売れば収益に

スキン」と呼ばれるグラフィックは、超リアルなCGを生成するUnreal Engine 5で作られており、コンピューターに頼らず内蔵GPUとCPUで描写されます。

加えてSteamアプリを通じて、 自作のスキンを販売することができるのも斬新です。デザイナーやアニメーターなら、元が取れる以上に収入にも繋がります。新たなスキンを探す人は、選択肢が多すぎて迷ってしまいますね。

221221_finalmouse2
Image: Evermore/YouTube

入手したスキンはオンラインでコレクションに加えられます。「Centerpiece」にダウンロードすると、常に3種類が保管できるんです。そして側面にあるボタンで選ぶと、すぐに反映される仕組みになっています。作ったり買ったりしたスキンを、友だちのアカウントと交換するのも簡単とのこと。たとえば期限を決めて数人で使い回すと、お得かもしれませんね。

発売は来年初頭。筐体はCNCによる削り出し加工も施されていて、349ドル(約4万6200円)は安すぎでは? こりゃゲーマーじゃなくとも欲しいですね。

エルフ語が刻印された『ロード・オブ・ザ・リング』コラボのキーボードが登場。中つ国ガチ勢の見解はこちら

全キーにエルフ文字が刻印!いろんなタイプのメカニカルキーボードが生まれる中、『The Lord of the Rings(ロード・オブ・ザ・リング)』をテーマ...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/lord-of-the-rings-mechanical-keyboard-handson-us.html

Source: YouTube, Finalmouse via The Awesomer