鍬(くわ)みたいな湾曲がポイント。刀鍛冶が監修したキャンプ専用ハンマー「手槌」

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
鍬(くわ)みたいな湾曲がポイント。刀鍛冶が監修したキャンプ専用ハンマー「手槌」
Image: 株式会社エムエス製作所

日本古来の刀鍛冶が使っていた形なんですって。

アウトドアでよく用いるハンマー。カナヅチ、トンカチなんて呼び方もしますが、真っ先に思い浮かべるのは「T」字型です。

あのT字型が究極に洗練された最終形態のように考えがちですが…農作業で使う鍬(くわ)のような形のほうが力が伝わりやすく、長時間使っても手首への負担が少ないのだとか。刀鍛冶が使う道具も、鍬のように若干湾曲しているんです。

鍛冶師のツールをアウトドアに

株式会社エムエス製作所が作った「手槌」は、「火造り槌」と呼ばれる鍛冶職人のハンマーをアウトドア用に転用したもの。監修は刀鍛治の方が行なっています。主な用途はペグ打ち薪割りですが、微妙な力加減で木工細工やちょっとした大工仕事などにも使えそうです。

221130_hammer2
Image: 株式会社エムエス製作所

重さを活かして打ち付ける

重量は約730gと、アウトドアに推奨される300g以下のハンマーより倍以上も重く作られています。固い地面にペグを刺す場合、何度も打ち付けなくてはなりませんが、この重さを利用することで回数が減らせます。少ないストロークで済むため、子供や女性でも扱いやすいのだそうです。

樫の木のグリップも握りやすい曲線と螺旋加工で滑りにくいのが特徴。シンプルに見えても随所まで使い勝手が考えられ、質実剛健さ機能美を感じますね。

「手槌」は予約受付中で、現在は定価2万1780円が10%オフの1万9800円で買えるようになっています。もし薪割りに使うなら、同社のノミもゲットするとよいかと思います。

Source: 株式会社エムエス製作所 via Japaaan