iOS 16の「ヘルスケア」アプリでお薬やサプリメントの飲み忘れを防止する方法

  • author はらいさん
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
iOS 16の「ヘルスケア」アプリでお薬やサプリメントの飲み忘れを防止する方法
Image: はらいさん

生活に役立つ便利機能。

iOS 16でさらに進化した「ヘルスケア」アプリですが、これまで以上に健康管理に役立つ機能が追加されています。

筆者は友人に勧められて、数ヶ月前からビタミンサプリメントを毎晩服用していますが、少し前までは飲み忘れてしまうこともしばしば。しかし、「ヘルスケア」アプリの服用リマインダーを使い始めてからは、ありがたいことに飲み忘れもグッと減りました。

服薬リマインダーの使い方

スクリーンショット2022-12-2610.24.51
Image: はらいさん

「ヘルスケア」アプリに薬またはサプリメントの情報を登録するには、「ヘルスケア」アプリ>画面右下の「ブラウズ」>「服薬」をタップします。

スクリーンショット2022-12-2610.28.17
Image: はらいさん

次に「薬を追加」をタップすることで、薬やサプリメントの名称種類を選べます。

スクリーンショット2022-12-2610.31.20
Image: はらいさん

その先へ進むと、薬やサプリメントを服用する頻度や服用を呼びかけるリマインドを設定する時間を選択できます。その後は薬やサプリメントの形や色を選択して登録完了です。

スクリーンショット2022-12-2610.45.27
Image: はらいさん

自分はこんな感じで、毎晩22:00にビタミンBとビタミンCの飲み忘れ防止リマインダーを設定しています。また、水色枠の中の+ボタンをタップすれば、服用記録を残すことができるので、「さっき薬(またはサプリメント)飲んだっけ?」ということもなくなります。

スクリーンショット2022-12-2610.54.59
Image: はらいさん

ちなみに先日配信されたiOS 16.2ではロック画面のウィジェットに、ヘルスケアアプリの「服薬」が追加されたので、リマインダーだけでは不安な方は追加しておくのが安心かもしれません。


地味だけど、めちゃくちゃありがたい薬やサプリメントの飲み忘れリマインダー機能。ぜひお試しを!