一部iPadが外部ディスプレイに対応。こんな風に使います

  • 100,968

  • author 小暮ひさのり
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
一部iPadが外部ディスプレイに対応。こんな風に使います
Photo: 小暮ひさのり

心待ちにしていた人も多いはず。

はいはい!僕もそのひとり! iPadOS 16のマルチタスク機能「ステージマネージャ」の外部ディスプレイサポートがやっと実装されました。対応モデルはiPad Air(第5世代)、12.9インチiPad Pro(第5世代以降)、11インチiPad Pro(第3世代以降)。

個人的には、iPadOS 16の目玉機能だと思っているので、早速iPad Air 5で試してみました。

ディスプレイの拡大表示設定に合わせて表示解像度が変わります

2022-12-14mok00A
Image: 小暮ひさのり

外部ディスプレイを接続すると、「画面表示と明るさ」で、配置やミラーリングもしくは拡張を選べます。標準ではミラーリングになっていたので、別々の画面を表示したい場合はミラーリングのスイッチをオフにします。

2022-12-14mok00
Photo: 小暮ひさのり

そして、今回は複数のディスプレイに繋いでみました。1台目はDellの4Kモニター「U2720QM」。USB-Cで接続できてHDRやSDR設定なども行えます。これがめちゃくちゃキレイにiPad画面が出るの。

表示解像度をチェックしてみたら、「文字を拡大」ではモニターネイティブの3840 x 2160。これが「デフォルト」では5120 × 2880、「スペースを拡大」にすると6016 × 3384という表示解像度が設定されていました。モニター側で4Kにダウンして表示しているにしても、そりゃーキレイだわ…。って話。

2022-12-14mok01
Photo: 小暮ひさのり

一方でLGのウルトラワイドモニター「34WN780-B」ではUSB-CのHDMI変換ハブを使って接続したのですが、モニター解像度と同じ5120 × 2160出力となり画面の拡大設定もいじれませんでした。ちょっと画面が狭くて粗めな表示で、あまり快適な拡張体験とは言えないかもしれません。

接続も頻繁に切れていたので、出力するハブやモニターとの相性がありそうですね。買ってて良かったDELLの4K! やっぱりUSB-Cは正義なんだよなぁ。

作業領域は圧倒的に増える! でも、使いやすい?は別問題

して使ってみたファーストインプレッションとしては、外部ディスプレイに対応したことで、作業領域が圧倒的に増えて、本来みんなが期待していた使い方ができるようになったと思います。最初からこうあるべきだよね! っていうのは置いておいて、家ではモニターで広く、外出時にはコンパクトに。という作業環境で、iPadだけで仕事する&趣味を楽しむ! がさらに加速するんじゃないかな。

ただ、やはり個人的にはウインドウは好きな場所に好きな大きさで置きたい。ステージマネージャの特定のパターンでしか配置、サイズ変更を受け付けない、初代『リッジレーサー』のドリフトみたいな仕様(※)には、引き続き閉口しています。ここは2画面広く使えるようになっても、ストレスに感じちゃった。

(※リッジはドリフト開始角度によって、曲がり終わりまでのルートが確定していました。ドリフト中ぐるぐる回転しても、ちゃんと無事故でカーブを曲がれる楽しくて安全な世界)

でも、普段からフルOSの自由なウインドウ配置に慣れているから違和感なだけであって、iPadやiPhoneの操作から入った層には、そこまで気にしない可能性もある。とフォローさせてください。まぁ、独自性だけじゃなくて、他の標準に合わせるってところも必要だと思うんですけどね。

まとめ:広く、格段に便利にはなった。USB-C対応モニターは正義

というわけで、好き嫌いが分かれるインターフェースだというのは引き続きそうなのですが、画面が広く使えるようになったので、恩恵もかなり増えました。本来の姿になったといえるので、対応iPadを持っている方は、外部モニターに接続してみましょう。

あっ、USB-C対応モニターが唯一の正義です。

iPadOS 16.1の「ステージマネージャ」、すぐに試さなくてもいいと思う…

画面、ぎっちり(iPad Air 5では)。本日リリース「iPadOS 16.1」の目玉機能、iPadでアプリをウインドウ表示できる「ステージマネージャ」。つ...

https://www.gizmodo.jp/2022/10/ipados16-stage-manager-air5.html

Source: Apple

2022年12月14日18時20分:外部ディスプレイ対応モデルが誤って記載されておりましたので、修正しております。