念願の休暇は別世界だった。人類が滅亡しても配達を続けるAmazonドローンを描いた短編映画『JEFF』

  • 8,450

  • author Cheryl Eddy - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
念願の休暇は別世界だった。人類が滅亡しても配達を続けるAmazonドローンを描いた短編映画『JEFF』
Image: Short of the Week / YouTube

目覚めると世界が変わっていた…?

Amazon(アマゾン)の従業員にして、ワークライフバランスがまったくないジェフをご紹介しましょう。

仕事中に「もしも休暇があったらなぁ」と思うこともありますが、彼は毎日、巨大企業でせっせと働き、お客さんが衝動買いをした商品を届ける仕事をしています。なかにはSM用のムチを買う女性も、ヘアアイロンを買うツルツル頭のおっさんもいたりします。

でも、ジェフはドローン。お休みをもらえるだなんて不可能な話です。そう、世界が終末を迎え、すっかり変わってしまうまではね。

人類滅亡後も配達を続けようとするジェフ。大量消費社会ロボットの悲哀を、SFディストピア映画として巧みに昇華させた印象を受けます。

Video: Short of the Week / YouTube

チェルノブイリの映像も使われた

このポストアポカリプティックな短編映画『JEFF』は、shy kidsの制作で短編映画だけを取り扱うチャンネルShort of the Weekにて公開されました。

製作者のパトリック・セダバーグ、ウォルター・ウッドマン、マシュー・ホーニックさんらによりますと、荒廃した世界の映像はチェルノブイリ原発事故現場を使い、ドローンのインターフェイスを重ねたのだそうです。物憂げなジェフの声を演じたウッドマンさんは、できる限りコメディアンのネイサン・フィールダーに似せたとのこと。

音楽や文芸は腹の足しにもなりゃしない

世界の終わりを生き延びたのは幸運だと思いきや、それは2度と充電ができないと気がつくまで。加えてこんな世界では、生存した子どもたちが初めてデヴィッド・ボウイを知るためのレコードプレイヤーも残っていないでしょうね。『ジギー・スターダスト』の名盤も、ウィリアム・ゴールディングの小説『蠅の王』も、子どもたちには全くの無価値。終末を迎えた世界では、火にくべた方がよっぽど有益だというのもウィットが感じられます。

これなんてディストピア? ペッパー君とロボ犬軍団が無人の観客席で応援ダンスを披露

たしかに、人間の代わりを務めるのがロボットの役目ではあります。7月7日の夜、福岡ソフトバンクホークス対東北楽天ゴールデンイーグルス戦にて、観客のいないスタンド...

https://www.gizmodo.jp/2020/07/softbank-cheerbot.html

Source: YouTube, Short of the Week