ライカ製品が2023年1月に価格改定。値上がり幅は…

  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ライカ製品が2023年1月に価格改定。値上がり幅は…
Image: Urbanscape / Shutterstock.com

元値が元値だけにね。額がね。

目まぐるしく変化する世界情勢を受けて、カメラの名門ライカの製品も、価格改定という名の値上げを発表しました。2023年1月20日(金)より、新価格での販売となります。

新しい価格の一覧表はこちら。一部紹介すると「ライカM11」は123万2000円→129万8000円に、「ライカSL2」は93万5000円→96万8000円に。「ズマロン M f5.6/28mm」は39万6000円→41万8000円に、といった具合。「ズミルックスM f1.5/90mm ASPH.」なんて176万円→190万3000円まで跳ね上がってますし、もう200万円じゃん…。

このほかウルトラビットシリーズのような双眼鏡もガツンと値上がりしています。少しでも安いうちにライカデビューするなら、残された時間はあと1カ月…!

2月に値上げしたベルボン製品が、さらに値上がり…

どの業界も原価高騰の厳しさにヤられてる今日このごろ。三脚などのカメラアクセサリーを手掛けているベルボンが、価格改定の実施を発表しました。ベルボンは2月にも価格改...

https://www.gizmodo.jp/2022/08/velbon-price-up.html

Source: Leica Camera