寒空キャンプに1台いかが? 焚き火も調理もマルチに使える国産ロケットストーブ「Bonflame EX」

  • 9,263

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author Yama3
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
寒空キャンプに1台いかが? 焚き火も調理もマルチに使える国産ロケットストーブ「Bonflame EX」
Image: sparkycreate

こちらは(株)メディアジーンのメディアコマース・チームが編集・執筆した記事です。

火を見るとキャンプに行きたくなるじゃないか……。

キャンプには欠かせない炎系のアイテム、みなさんはどんな製品を使っていますか? 最近では焚き火や調理もマルチにこなせる製品も多いですよね。

今回ご紹介するのは、立ち上る炎がなんとも魅力的な「Bonflame EX(ボンフレイム イーエックス)」。少ない燃料でも強い火力が得られるロケットストーブとなっており、調理・焚き火・暖房と1台でマルチに活躍してくれるそう。

お得なキャンペーンも実施中でしたので、早速詳細をチェックしてみましょう!

力強い炎が魅力的

6e7d93181931c33bf79af77e004ed593
Image: sparkycreate

機能やデザインも重要ですが、「Bonflame EX」の一番の魅力である炎をご覧ください。

力強さのなかにもゆらぎの癒やしが感じられ、否応なしにキャンプ気分を盛り上げてくれますね。

71e1784e16763195bac394584d020dfe
Image: sparkycreate

ロケットストーブという形状自体が高火力の秘密。煙突内の上昇気流がドラフト効果を発生させ、どんどんと空気が吸い込まれていきます。

c6__1_
Image: sparkycreate

さらに「Bonflame EX」では煙突の接合部に特許技術を組み合わせています。

八角形と円形で生まれる絶妙な隙間が空気をしっかりと取り入れてくれるため、二次燃焼がより効率的に生まれるんだとか。

構造自体はシンプルですが、緻密に計算された製品ですね。

8c0f3c9d-ec19-4fc3-84bd-28d3a144b54d
Image: sparkycreate

燃焼効率が高い「Bonflame EX」は煙やススも少ないのも特長だそう。

炎を見るのは気持ちいいですが、モクモクの煙の中では落ち着いて談笑もできないので助かるポイントですね。

強火力で調理もお任せあれ

70553668860f03f4550c6ecfd8c650c0
Image: sparkycreate

炎を愛でるだけでなく、キャンプには欠かせない調理にも役立ちます。

付属の五徳をつかえば煙突が高火力コンロに早変わり。スキレットなどを活用してお肉などを楽しみましょう。

9
Image: sparkycreate

燃料スペースも天板装着でコンロとして活用が可能。直火ではないため、煙突より火力は控えめですがお湯を沸かしたり汁物を扱うのに便利そうですよ。

15
Image: sparkycreate

ユニークな使い方がこちら。本来の用途は遮熱板である本体下部プレートですが、簡易オーブンとして使えるそう。

フル活用すれば同時に3種の料理が作れるのは効率的ですね。

魅力ポイントも盛りだくさん

13051ccd-6993-4ef4-9419-e16219c43b25
Image: sparkycreate

重量は約3.6kg。両手で軽く持ち上げられるサイズ感なのも使いやすいポイントかも。

220906_57
Image: sparkycreate

パーツ構成もシンプルなので組み立てにも迷いません。

c4
Image: sparkycreate

収納時は本体に他のパーツをまとめてスッキリ。

専用ケースは有料オプションでしたが、持ち運びや収納がより手軽になるので一緒に揃えてもよさそうですね。

18
Image: sparkycreate

パーツはすべて日本製で職人さんによる丁寧な仕上げが施されているそうなので、クオリティにも期待ですね。

21
Image: sparkycreate

1台でマルチに使える「Bonflame EX」の炎で、寒くなるこれからのキャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか?


炎を楽しみつくす国産ロケットストーブ「Bonflame EX」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーンを実施中。

執筆時点では一般販売予定価格から32%OFFの24,983円(税・送料込)からオーダー可能でした。

気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Source: machi-ya