続々・メタバースを諦められないザッカーバーグ

  • 8,188

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
続々・メタバースを諦められないザッカーバーグ
Image: shutterstock

絶対諦めないぞ!

メタバースにフルコミットしているマーク・ザッカーバーグ氏。Facebookの社名をMetaに変えるくらいですから、絶対にメタバースは諦めません。株主から怒られても、リストラを経験することになっても、同業他社から冷ややかな目で見られても、絶対にぜったいにぜっっっっっったいに諦めません。彼の目には10年後盛況するメタバースの姿が見えているんですから。てことで、来年もがっつり予算がつくそうです。

来年はMetaの予算の20%を使うよ!

先日、メタバースプラットフォームやVRヘッドセットを手がけるFacebook Reality Labsのトップ&Meta CTOのAndrew Bosworth氏が、Meta公式ブログを更新。タイトルは「Why we still believe in the future(=なぜ、私たちがまだ未来を信じているのか)」。ここでいう未来とは、もちろんメタバース成功の未来のことですね。Bosworth氏は「簡単だと思ってことは一度もありませんが、今年は予想していたよりも難しい年になった」と状況は把握しつつも、来年、Reality LabsにMeta全体予算の20%をぶっこむことを宣言しました。

長期的な思考が必要だというBosworth氏は、こう語っています。

会社にとって史上最も苦しい1年を経て、自信をもって言えます。未来のビジョンを発表した日と同じように、Metaはコミットし続けます。

トップは成果を実感している様子

Bosworth氏的には、Meta Quest Proも発表できたし、Quest Storeのユーザー数も少しずつ伸びているからVR人口は増加しているし、うちの部署頑張ってる、成果だしている! と言いたいのでしょうか。2022年の1年でメタバースプラットフォームやVRヘッドセットを手がけるFacebook Reality Labsに100億ドルが費やされ、同部門は94億ドルの損益を出したと報道されていますが、トップとしては成果を実感しているようです。

MetaでOculus CTOを勤めていたJohn Carmack氏が、先日、効率が悪すぎると不満爆発で辞任したという不安要素はありつつ…、Metaのメタバースへのフルコミットは来年も続きます。

続・メタバースを諦められないザッカーバーグ

彼は諦めてないね。今月頭、WhatsAppにアバター機能の追加が発表されました。機能リリース日は発表されていないので、近いうちに順次配布するということなのでし...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/meta-whatsapp-metaverse-facebook-avatar-zuckerberg.html