続・メタバースを諦められないザッカーバーグ

  • 9,589

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
続・メタバースを諦められないザッカーバーグ
Image: Meta

彼は諦めてないね。

今月頭、WhatsAppにアバター機能の追加が発表されました。機能リリース日は発表されていないので、近いうちに順次配布するということなのでしょう。

髪型や顔の造作、コーディネートなどを組み合わせて、何億通りもある中から自分だけのアバターを作ることができ、作ったアバターはプロフィール画像やカスタムステッカーとしてメッセージで送ることができます。

AppleのMeMojiなど、似た機能は他にもすでにあるので、機能としては「へぇー」くらいのもんですが、気になるのはWhatsAppにもアバターがやってくるという事実のほう。

やっぱりメタバースを諦めてなさそうなマーク・ザッカーバーグ氏

WhatsAppは、ご存じ通りマーク・ザッカーバーグ氏率いるMeta傘下。そして、ザッカーバーグ氏といえばメタバース。リストラを経験し、株主にも怒られ、それでも仮想世界を諦められないのがザッカーバーグ氏Meta収益の次なる柱はWhatsAppだ!と宣言しているようですが、そこにもアバターを忍び込ませるとは…。ユーザーに少しずつあっちの世界を意識させる作戦なのでしょうか。私たちは知らぬ間に彼の術にはまっているのでしょうか。

Metaは、傘下サービスのFacebook、Instagram、Messengerでアバター機能を導入済み。満をじしてのWhatsAppなのですが、それにしては腑に落ちないことが…。

米TechCrunchの報道によれば、WhatsAppのアバターは、InstagramとMetaのアバターと連動(共通使用)はできないのだそう。同グループなのに使いまわせず、サービスごとにアバター作るのってユーザーとしては面倒くさいのですが、なぜそんな仕様に? WhatsAppチームの最後の抵抗なのでしょうか。

メタバースの世界に心を奪われているザッカーバーグ氏、彼の動きは読めません。いっそ彼の言うように、10年後に「やっぱり彼が正しかった!」と笑ってみたいものですね。

「収益の次なる柱はWhatsAppだ!」と言いつつも、メタバースを諦められないザッカーバーグ

ちょっと冷静さを取り戻したのでしょうか。メタバースじゃぁああああ!とヴァーチャル世界にフルコミットしてきたMetaのマーク・ザッカーバーグCEOも、もしかした...

https://www.gizmodo.jp/2022/11/meta-facebook-metaverse-whatsapp-mark-zuckerberg.html

Source: Meta