Apple Watch Ultraをダイブコンピューターに変える「Oceanic +」アプリがリリース

  • author はらいさん
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
Apple Watch Ultraをダイブコンピューターに変える「Oceanic +」アプリがリリース
Image: Apple

より深く。

Apple Watch Ultraの発表と同時にお披露目されたスキューバダイビング用アプリ「Oceanic+」ですが、先日ついに公開されました。

ダイブコンピューターはスキューバダイビングに欠かせない機器の1つですが、Apple Watch UltraにOceanic +アプリをインストールすることで、Apple Watchがダイブコンピューターへと変わります。

スクリーンショット2022-12-0420.45.25
減圧症の予防に欠かせない「安全停止」や「浮上速度を遅く」などのメッセージも表示される
Image: Apple

Apple Watch Ultraの明るさは最大2,000ニトのため、水深40mでも画面の情報を確認可能。Oceanic +アプリの開発チームは、「ユーザーが直感的に使えるように、シンプルなユーザーインターフェースに仕上げた」と話しています。

スクリーンショット2022-12-0421.33.33
Image: Apple

また、Apple Watch Ultraのアクションボタンを使えば、簡単にコンパスの向きを設定することも可能なので、水中での操作も苦になりません。

ちなみにダイバーが体温の低下を防ぐために着用するウェットスーツですが、Apple Watch Ultraの設計上、厚さ7mmのスーツを着用していても振動で通知を感じることができるとのこと。

Apple-Watch-Ultra-Oceanic-Plus-pre-dive
Image: Apple

「Oceanic +」の基本料金は無料ですが、減圧のトラッキングやロケーションプランナー、ログブックを無制限で利用するには月額1,150円または年額1万200円を支払う必要があります。

まさかApple Watchがダイブコンピューターになる日がやって来るとは…。これは早速試してみたい!

Apple Watch Ultraは、名だたるスポーツウォッチメーカーを食っちゃうかもしれない #AppleEvent

同じアウトドアユースでも、差別化できる点はありそう。新登場した「Apple Watch Ultra」は、チタンのケースに高精度な測位システム、晴天でもよく見え...

https://www.gizmodo.jp/2022/09/259036.html

Source: Apple