オックスフォード英語辞典、今年の言葉「ゴブリンモード」=ダラダラするに決定

  • author Kevin Hurler - Gizmodo US
  • [原文]
  • 岩田リョウコ
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
オックスフォード英語辞典、今年の言葉「ゴブリンモード」=ダラダラするに決定

2022年は何気にダラダラな年だったんですね。

先日、参考図書や辞書の出版社であるメリアム=ウェブスター社が今年を象徴する言葉に「Gaslighting(心理的虐待)を選びましたが、別の有名な辞書のひとつオックスフォード英語辞典も今年の言葉を発表。それは「Goblin mode(ゴブリンモード)」でした。

ゴブリンモードってなによ、と思われる方も多いと思います。まずゴブリンは緑色の小さな生き物のことです。ゴブリンモードとは、そんなゴブリンのようになる、という意味。すなわち「社会的な繋がりや期待を拒否して、自堕落でダラダラ自分勝手に過ごすこと」なんですって。コロナ禍で長い間ステイホームをすることになった結果、パジャマから着替えず、好きなものを食べて、テレビを見たりとダラダラ過ごすことに結構慣れてしまいましたよね。そんな“ダラダラモード”が今年の言葉に選ばれたわけです。

オックスフォード英語辞典のベン・ジマーさんは「ゴブリンモードはこの時代、そして時代精神をよく反映している言葉で、まさに2022年の表現です」とプレスリリースで話しています。

オックスフォード英語辞典の今年の言葉は、単語である必要はなく、言葉でも表現でも用語でも2022年に人気だった言葉であればなんでもOKなのです。今年は30万人が投票をおこない、ゴブリンモードに決定しました。ちなみにゴブリンモードという言葉はいつ生まれたのかオックスフォード英語辞典が調べたところ、2009年にTwitterで使われたのが最初だったとのこと。でもネット上でよく使われるようになったのは2022年の2月なんだそうです。

メリアム=ウェブスターは心理的虐待、オックスフォードはダラダラする。どちらもメンタルや健康など内面を表現するような言葉になっているのが印象的ですね。