衛星画像から見える、未来都市「The Line」に対するサウジの本気度

  • 19,149

  • author Kevin Hurler - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kenji P. Miyajima
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
衛星画像から見える、未来都市「The Line」に対するサウジの本気度
Image: Neom

砂漠にそびえる再エネ100%の巨大未来都市の建設が急ピッチで進んでいるようですよ。

サウジアラビアのSF感たっぷりな巨大未来都市「The Line」の建設が本格的になってきているみたいですよ。7月に発表10月に着工されたSciFi都市の広さや長さなど、工事の進行状況が最新の衛星画像によって明らかになりました。

本気だったサウジ

MIT Technology ReviewがオーストラリアのSoarから入手した建設現場の衛星画像(Chang Guang Satellite Technology Corporationが2022年10月22日に撮影)で確認したところ、建設地のひとつはアラビア半島西部の北緯28.10度、東経35.30度に位置しています。また、UrbanというSoarユーザー がアップロードしている複数枚の衛星画像を見ると、どうやら「The Lineは」は全長の約3分の1にあたる範囲の数カ所で工事が行なわれているようです。

The Line - East
Image: Urban on Soar/Gizmodo

着色加工された衛星画像で、砂漠に点々と掘削された後(地図上の赤い点)が確認できます。掘削が行なわれているのは、60m幅くらい。赤い点は、少なくとも425回掘削が行なわれたことを示しており、この範囲だけで推定170万立方メートルの土砂が運び出されたそうです。この画像では、黄色が「The Line」、紫は掘削された土砂の山、ピンクは建設拠点、緑色は太陽光パネル、赤は掘削現場に色分けされています。

The Line - West
Image: Urban on Soar/Gizmodo

こちらの衛星画像(2022年9月10日にシンガポールのTwenty First Century Aerospace Technology Companyが撮影)は、「The Line」の西端の方にあたると思われる建設現場で、北緯28.15度、東経34.68度に位置しています。この現場では掘削が103回行なわれ、推定70万立方メートルの土砂が運び出されたようです。

Locations of two coordinations
Image: Google Map / ギズモード・ジャパン

Google Mapで確認してみると、2つの建設拠点を結ぶ距離は70km弱くらい。あと100km伸ばすってことみたいですね。内陸部の拠点の近くには、この計画を手がけるNeomの施設もあり、15kmほど離れた紅海沿岸はリゾート地になっているようです。

Image: Dezeen / YouTube
10月に着工されたと言われた当時の様子

完成は2030年頃

こういったことを踏まえると、10月に着工された「The Line」の建設は、少なくともその1カ月前にはじまっていたってことですね。幅が200mで全長170kmにおよぶ空間を高さ50mの鏡面壁によって覆われるサウジアラビアの巨大な未来都市は、2030年頃に完成するそうです。


2030年のワールドカップ開催地は2024年に決定する予定ですが、サウジアラビアはエジプト、ギリシャの3カ国共催を検討しているそう。2024年までに2030年に「The Line」を完成させるめどが立てば、招致のアピールになるかもしれませんね。

サウジアラビアの壮大な未来都市プロジェクトの建設が始まったみたい

SF感たっぷり。時代は2022年だというのに、なんだか目の前に広がる街並みはあんまり変わらないなぁとぼんやり思ったことありませんか? 海の向こうのサウジアラビ...

https://www.gizmodo.jp/2022/10/the-line-megacity-under-construction-in-saudi-arabia.html

Source: AFP BB News