フォルクスワーゲンではビートルよりソーセージの方が売れているって

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
フォルクスワーゲンではビートルよりソーセージの方が売れているって
Image: THE SAUSAGE MAN

作るのも売るのも安いからね。

「ビートル」が代表的なドイツの自動車フォルクスワーゲン。やっぱり一番多く作っているのはビートルなのかと思いきや? 実はまったく別の、でもドイツらしい製品がトップなのだそうです。

VWの純正製品として作られている

それはカレー味のソーセージ「カリーブルスト」。日本で行なわれているオクトーバーフェストでも定番なので、ご存じの方も多いかと思います。自動車部品よろしく「199 398 500 A」という製品番号もある定番商品なんです。

「カリーブルスト」は1973年から生産が始まり、ドイツ国内6カ所にある工場のカフェテリア、および現地のスーパーマーケットやサッカー場でも売られています。1日1万8000本~2万本が製造され、2018年には約681万本が作られたとのこと。相性バッチリのケチャップ「199 398 500 B」と、専用の調理プレート「33D 069 602」、また2010年から豆腐ベースのヴィーガン用ソーセージも作られており、手広く展開しています。

工場見学をしてみよう

工場内部の様子はこんな感じ。自動車を製造するラインのように、ブラ下がったソーセージがどんどん流れてきます。

Video: Discovery UK / YouTube

これらのソーセージの重要性は、「もしソーセージを作らなければ、自動車を作らないよ」と断言するほどなのだそうです。もしVWの自動車部門が潰れるようなことがあっても、ソーセージ屋さんでやっていけますね。

電気自動車の自動充電ロボット、VWがプロトタイプを開発

フォルクスワーゲンが電気自動車用の自動充電ロボットを開発

https://www.gizmodo.jp/2021/01/vw-automatic-charging-robot.html

Source: Atlas Obscura via GIGAZINE, YouTube, Wikipedia