スマートホーム初心者が挑戦。26年モノのクリスマスツリーを最新ガジェットでアップデートしてみた

  • author chisato kuroda
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
スマートホーム初心者が挑戦。26年モノのクリスマスツリーを最新ガジェットでアップデートしてみた
Photo: chisato kuroda

クリスマスツリー3.0!

私が産まれた年に買ったクリスマスツリー。26年間苦楽を共にしてきました。かつて見上げていた大きなツリーは、今や私と並ぶくらいに。こんなの、愛着しか湧かないですよね。しかし先日、最高の気分でツリーを組み立て、飾り付けした写真を友達に送ると「うわ、実家にありそうなツリー」との返信が。え、それどういう意味…? 褒めてる?

そんな実家感溢れる26年モノのクリスマスツリー(それもそれで素敵ですが)をアプデする方法はないものか……ギズモード編集部の先輩に聞いてみたところ、“スマートテープライト”なるものを教えてもらいました。

スマートテープライトとは、スマホと連携して操作できるテープ式のLEDライトのこと。今回は5m×2本入りの長さが安心なTP-Linkのものを使用してみました。

ちなみに当方、スマートホーム超初心者。設定のなかで苦戦したことや、率直に感じたことをお伝えしていきます。

いざ、デビュー戦へ

IMG_5893-1
Photo: chisato kuroda

箱の中身はこんな感じ。説明書、テープライト5m×2、電源アダプター、コントローラーが入っています。テープライトの幅は1cmくらいで、表面のビニールはモチモチした触りごごち。かなり柔らかいです。

説明書がシンプルすぎたので、とりあえずまずはアプリをインストールしていきます。

IMG_0012-1
Photo: chisato kuroda

さっそくTP-Linkのスマート家電用アプリ、Tapoをインストールし、アカウントを作成。コントローラー本体に記載のQRコードをスマホで読み取り、マイホームに追加します。

このテープライトはHomeKit対応で、スマホからの操作が可能。ビートに合わせた音声シンクロや、ライティングのエフェクトをスマホで作成したりできるとのこと。わくわく…!

IMG_0030のコピー(1)-1
Photo: chisato kuroda

そして、テープ本体の組み立て。これは付属の説明書に記載の通りで、組み立ては2ステップのみ。至って簡単です。

コントローラーの接続ポートは2口あり、テープライト2本を同時に繋げることが可能。そしてここで注意すべきなのが、繋げる際のテープの向きです。コントローラーとテープをよく見てみると、それぞれに小さな矢印マークが。この向きをしっかり揃えておかないと作動しません。

IMG_0033のコピー-2
Photo: chisato kuroda

そして最後に、テープライトの電源をオンにしてWi-fi経由でスマホと連携します。こちらはアプリの画面表示に従って進めるだけ。「ぜったい難しいやん…」と身構えていましたが、なんとも操作しやすかったです。

よかった、クリスマス間に合った

連携できたところで、いざ飾り付け&点灯へ! ツリーの高さは150cmくらいあるので、今回は丸々1本と20cmほどを使用。好きな長さに切って調節できるので便利ですね。

584E5BF7-1BC7-477A-A58B-198004725CB9-1
Photo: chisato kuroda

スマホで実際に操作してみました。色やエフェクトが豊富で、今回の企画にピッタリな「クリスマス」なんてエフェクトも。その場の雰囲気に合わせて明るさを柔らかくしてみたり、マックスにしてみたりと、調整も可能です。

ちなみに明るさをマックスにすると、直視できないくらいの威力。TP-Linkの公式サイトによると、一般的な製品よりも約20%明るく、1.5倍長く使い続けることができるとのこと。

C97757F6-6610-4466-85F4-C2CF2C0538AD-1
Photo: chisato kuroda

そして、私的におもしろかったのが音声とのシンクロ。試しにクリスマスソングを流してみると、音に合わせて点滅していました。ツリーと音楽が連動するのって、最高に楽しい。ほかにも、タイマーをかけたり、スケジュールを設定して毎日同じ時間に点灯できるようにしたりと、便利すぎる…! ツリーを毎晩点灯するのって、意識してないと忘れちゃいませんか? クリスマスまであと2週間しかないし、もっと早く出会いたかった。

ezgif.com-gif-maker(2)
GIF: chisato kuroda

ビジュアルは近未来感もありつつ、雰囲気がまるで80年代のアメリカのバーのよう。『ストレンジャー・シングス』的な感じ? いろんな機能を駆使することで、クリスマスがもっともっと楽しくなる予感がします。

アップデートも成功し、「なんか色々めんどくさそう」と、避けてきたスマートホームデビュー戦は無事終了。実際に飾り付けまでにかかった時間は30分くらい。設定も操作も思っていた以上に簡単で、短時間で終わりました。来年はオーナメントとか、ツリーの下のマットとかにもガジェットを取り入れてみたい…!

※価格など表示内容は執筆時点のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Tapo L930-10 ほしい?

  • 0
  • 0
Amazon

シェアする