ユーザーに判断が委ねられる。Twitterがコロナ関連の誤情報を防ぐ利用ポリシーを撤廃していた

  • author Nikki Main - Gizmodo US
  • [原文]
  • Kenji P. Miyajima
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
ユーザーに判断が委ねられる。Twitterがコロナ関連の誤情報を防ぐ利用ポリシーを撤廃していた
Image: Shutterstock

もはや信じられるのは自分だけなのか。

Twitterが新型コロナウイルスに関する誤情報の拡散を防ぐためのポリシーを撤廃したようです。CNNがTwitterの公開情報を調べたところ、同ポリシーによって1万1000人が垢バンになり、今年に入ってから9月までに10万件近いツイートが削除されていたのだとか。

バン&凍結アカ復活にポリシー撤廃

イーロン・マスク氏は、さまざまな違反で凍結またはバンされていたアカウントを続々と復活させています。

そのひとりであるマージョリー・テイラー・グリーン米連邦下院議員は、議員としての公式アカウントから、「2022年1月2日、Twitterが新型コロナウイルスに関する誤情報を理由に私から言論の自由を奪ったことで選挙キャンペーンや資金集めができなくなりましたが、私の個人アカウントは復活しました」とツイート。個人アカウントをフォローするよう呼びかけています。

静かに、しかし確実に変更されていた

おもしろいのは、Twitterはポリシーの削除をアナウンスしていないんですよね。

Twitterの公式サイトにある新型コロナに関する誤情報ページに追加された「2022年11月23日をもって、新型コロナウイルスに関する誤情報ポリシーの適用を終了します」という注記事項ユーザーが見つけてから変更が発覚しました。

注記の上にはポリシーの説明として「国際社会がパンデミックに直面する中、Twitterは人々が信頼できる情報を見つけ、他者とつながり、起こっていることをリアルタイムで把握する手助けをしています」とも書かれているんです。誤情報かもしれないのに放置したらユーザーが混乱して、むしろ逆効果になるような気がします。

なお、Twitterは米Gizmodoのコメント要請に応じませんでした。コミュニケーション部門が丸ごとなくなっちゃったみたいなので当たり前かも。

もともとのポリシーってどんなのだった?

人々が信頼できる情報にアクセスできるようにと、Twitterが新型コロナウイルスに関する誤情報ポリシーを導入したのは2020年4月のことでした。

ストライクポリシーと呼ばれる方策は、1回目の誤情報発信は大目に見てアカウントへの措置はなし。2回目と3回目は12時間、4回目は7日間にわたってアカウントが凍結されます。そして5回目で永続的な利用停止措置を取ってきました。

3ストライクでアウトじゃないなんて、マスク氏以前のTwitterは誤情報発信者にやさしかったんだな、と思ったら今はアウトにならないどころか全部オッケーだからもっとやさしくなっちゃったんだね…。

Twitterの投稿監視部門は縮小していた

マスク氏自身もパンデミックの初期に新型コロナについて「ばかげている」とツイートしていました。また、2020年3月には「子どもはもともと免疫を持っているが、基礎疾患のある高齢者は脆弱(ぜいじゃく)だ。子どもと祖父母が密状態になるの家族や親戚の集まりが恐らく最も危険だ」と、子どもは感染しないと受け取れるようなことをツイート。

これは誤りだと判明したのですが、Twitterはマスク氏のツイートがポリシー違反ではないと判断し、マスク氏のアカウントに対する措置は取りませんでした。

今回の新型コロナウイルスに関するポリシーの削除は、マスク氏が11月にTwitter社員の約半分を解雇、コンテンツモデレーション部門を大幅に縮小した後に行なわれました。いったい誰の意向が働いたのでしょうか。

誤情報かどうかを決めるのはユーザーコミュニティー

マスク氏はもうコンテンツの監視をユーザーに丸投げしちゃった感じですね。

Twitterはつい最近、クラウドソーシングによる事実確認システムで、有用な情報かどうかを投票したり、文脈を加える必要があるかどうか、投稿が誤解を招くかどうかを判断したりするためのコミュニティーノート機能(旧「バードウォッチ」)をアップデートしています。今回のアップデートで導入された「スコアリング」では、ノートの質についてユーザーが投票できるようになったのだとか。

また、質の低いノートに頻繁に寄与しているユーザーを特定するためのアルゴリズムを変更することも発表されています。


個人的には、ちゃんとしたコンテンツ監視部門を置いてファクトチェックをした方がいいと思いますが、最終的にはユーザーがTwitterにあふれている情報の真偽を自分で調べるか、もしくは専門家の発信から判断できるようになるしかないんでしょうね。それはそれで信頼できる専門家かどうかを僕らが判断できるようにならなきゃなのですが…。

「いずれ日本は消滅する」と言ってたイーロン・マスクが「Twitterは日本中心」と言い出す

今年5月に「このまま出生率低下に歯止めがかからなけけば日本はいずれ消滅する」と予言したイーロン・マスクTwitter CEOが11月21日に開かれた買収後初の全...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/eron-twitter-japan.html