騒音は遮断、会話は聴き取りやすい聴覚保護イヤホンを試してみた

  • 7,869

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
騒音は遮断、会話は聴き取りやすい聴覚保護イヤホンを試してみた
Photo: 山田洋路

こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。

電車の中では音がうるさくて、会話もラジオの聴取もまともにできないことにストレスを感じたこと、ありませんか?

通勤の数十分を無駄に過ごすのもつらいですが、機械を扱う職場なんかではさらに過酷。1日の大半を騒音環境の中で過ごしている方もいるでしょう。

周囲がうるさくても作業に集中したいですし、欲を言えば会話もストレスなくできたら嬉しいです。そんなとき役立つ可能性があるのが、machi-yaでプロジェクトを展開する「Stealth28(ステルス28)」シリーズの2モデル、「Stealth28HTBT」と「Stealth28HT」です。

「Stealth28」シリーズでは、狩猟ハンター向けに開発された聴覚保護テクノロジーを駆使して85dB以上の大きな音から耳を守ってくれます。さらにこのイヤホン、鳥やシカなどが遠くで動く音も聴き取れるよう、小さな音を増幅する機能を搭載。人の声も聴き取りやすいといいます。

射撃用イヤーマフのトップブランドが開発した電子聴覚保護イヤホンの実力やいかに。実際にプロダクトをお借りして、魅力をチェックしてみることにしました。

最新テクノロジーの詰まった聴覚保護デバイス

Stealth28review201
Photo: 山田洋路

今回お借りしたのは、machi-yaでプロジェクトを展開する2モデルのうちの「Stealth28HTBT」になります。こちらのモデルでは、騒音の減少と小さな音の増幅に加え、スマホやパソコンに接続して音楽を聴いたり通話したりすることが可能です。

Stealth28review202
Photo: 山田洋路

左右のイヤーバズと本体はケーブルでつながっているので、片側だけ紛失する心配はありません。

USB Type-Cケーブルによるフル充電で(所要時間約2時間)、最大15時間バッテリーがもちます

Stealth28review203
Photo: 山田洋路

本体トップには大きな物理ボタンがついているので、タップやジャスチャーを覚えなければいけないイヤホンに比べて操作が直感的です。

3つのボタンには、電源、ボリューム、増幅レベル、が割り当てられていて、音楽再生に関する操作も行えます。

軽くてフィット感も上々

Stealth28review204
Photo: 山田洋路

一体型のイヤホンは、しばしば装着しにくさがネックになることがありますが、「Stealth28HTBT」に関しては素早く着けられてフィット感もばっちりでした。

コイル状のケーブルは頭のサイズに合わせて伸縮しますし、本体を後頭部で固定するタイプなのでブラブラしなくていいです。

髪型を選ばず装着可能で、帽子やヘルメットも問題になりません。

Stealth28review205
Photo: 山田洋路

「Stealth28HTBT」では増幅レベルを0~3で調整可能となっています。手始めに増幅レベル0の、周囲の音を遮断するモードを試してみることにしました。

音を増幅しないこのモードは、一般的なイヤ

ホンでのノイズキャンセリングに近い体験。ただし、自分の足音も聞きとりにくいほど強力です。

目の前のパソコンで音楽を流しつつ読書してみましたが、音がかなり小さくなって没入しやすいと感じました。騒がしい公共の場で仕事する際なんかにぜひ活用したいモードです。

人の声がクッキリ聞こえる

Stealth28review206
Photo: 山田洋路

次に小さな音を増幅するモードをお試し。もっともわかりやすい増幅レベル3に設定してみました。

このモードでは、小さな音を最大で5倍、84dBまで増幅。一方で85dBを超える大きな音を、最大28dBまで減少させてくれます。

「Stealth28HTBT」を装着しながら歩くと、基本静寂な中ですれ違う人の声がクッキリと聞こえる不思議な世界がそこに。工事現場のすぐ脇での会話も聴き取れます。

会話以外の小さな音もそれなりに増幅されるので、ガチャガチャした環境ではやはり増幅レベル0が快適。静かな環境なら増幅された声への違和感がほとんどないので、聴覚に衰えを感じている方の強い味方となってくれそうです。

Stealth28review207
Photo: 山田洋路

次に増幅レベル0にしてPodcastを聴いてみたところ、車や電車が通ったときにも話の内容が聴き取り可能で驚きました。

ただし遮音性が高いので、歩行中は増幅レベル1などにして周囲の音を取り込むことをオススメします。増幅レベル0でのオーディオ視聴は、騒々しい環境でのWeb会議なんかに重宝しそう。

日常的になんらかの騒音問題に悩んでいる方は、最新の電子聴覚保護テクノロジーを試してみてはいかがでしょう。

環境音の増幅/減少を担ってくれる「Stealth28」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点ではアディショナル割、一般発売予定価格の23%OFFのリターンが選択可能な状況。

普段使い用のイヤホンとしても優秀な「Stealth28HTBT」が26,681円から、Bluetooth接続の機能はないけど増幅レベルが5段階で調整できる「Stealth28HT」が、12,705円から支援可能となっています(いずれも消費税・送料込み)。

プロダクトについてのより詳しい情報を、以下のWebページよりチェックしてみてください。

>>【第2弾】5倍大きく増幅する/大きな音から耳を守る、28年間の聴覚保護技術の結集

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya