濡れても平気な財布。カラビナ付きのアウトドア財布を試してみた

  • lifehacker
  • Buy
  • machi-ya
  • author 山田洋路
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
濡れても平気な財布。カラビナ付きのアウトドア財布を試してみた
Photo: 山田洋路

こちらは「かいサポ(お買いものサポーターチーム)」が編集・執筆した記事です。

アウトドアの最中も、財布は肌身離さず身に着けておくほうが安心感がありますよね。

ただ活動を邪魔せず、濡れたり擦れたりしても平気な財布となると、なかなか見当たらないのが現状じゃないでしょうか。こうした課題を受けて開発されたのが、「ULトレイルウォレット」です。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでプロジェクトを展開するこのコンパクト財布は、アウトドアギアでお馴染みの軽量でタフな素材、X-PACでつくられています。

素材の防水性に加えて止水ファスナー搭載で、水濡れも安心な財布を今回お借りできました。本記事では、「ULトレイルウォレット」を試してみて気づいた魅力をお伝えしていきます。

アウトドアにも日常にも馴染むデザイン

ULトレイルウォレットreview01
Photo: 山田洋路

お借りしたのは「ULトレイルウォレット」のオリーブカラーのタイプになります。アウトドアのみならず、日常生活にも馴染むシンプルなデザインで、コンパクトさも好みです。

ご覧のとおりフロント面には、交通系ICカードを入れるのに便利なクリアポケットを搭載しています。

ULトレイルウォレットreview02
Photo: 山田洋路

こちらが裏面。X-PACの特徴である、斜めの引き裂き強度を高めるためのダイヤ形状が確認できます。

リングには付属のカラビナリールのほかに、家のカギを取り付けてもOK。取り付けたカギを収めるためのポケットも備わっています。

コンパクトなのに収納力も高い

ULトレイルウォレットreview03
Photo: 山田洋路

メインポケットにはお札が2つ折りで収まりますし、カードポケットが両サイドに備わっていてたっぷり入ります。

MAXで、カード約10枚+ICカード1枚、お札約10枚が収まるようです。カードはそんなに持ち歩かない方は、一方のカードポケットをレシートやエアタグを入れるスペースにしてもいいかもしれません。

ULトレイルウォレットreview04
Photo: 山田洋路

小銭入れは側面に付属していて、こちらも小銭約50枚収まる大容量です。「ULトレイルウォレット」を触っていると、やはり財布はシンプルな構造が使いやすいと再認識できます。

メインポケット、小銭入れともに止水ファスナーが採用されているので、防水性に優れたX-PAC素材と共に、雨や夜露から中身を守ってくれそうです。

カラビナリールがアウトドアでの紛失を防ぐ

ULトレイルウォレットreview05
Photo: 山田洋路

実際に使ってみて感じたのは、カラビナリールが思った以上に便利ということ。アウトドアで落下しない安心感がありますし、それでいて支払いのときなどはビヨーンと伸びて使いやすいです。

ULトレイルウォレットreview06-2
Photo: 山田洋路

カラビナでハンガーラックやテントのポール、木などに引っ掛けておくのも楽ちん。アウトドアギアとの相性がいいのはポイントが高いです。

ULトレイルウォレットreview07
Photo: 山田洋路

ズボンのポケット内でもかさばらず、ウルトラライトでソフトなので、山歩きのお供にも最適だと感じました。

アウトドアでも安心して使える「ULトレイルウォレット」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点では早割第1弾、一般発売予定価格の10%OFFの3,400円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況。

カラーバリエーションは、今回お借りしたオリーブのほかにもブラック、ブラウンのタイプが用意されています。

アウトドアによく出向く方は専用財布が1つあると便利。コンパクト財布として日常で使うのもありなんじゃないでしょうか。

プロダクトについてのより詳しい説明が、以下のWebページよりご覧いただけます。

>>アウトドアで使うことを追求した財布!機能的なULトレイルウォレット

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya