毎日オシッコかけよう。尿で健康管理ができるデバイス

  • author 岡本玄介
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
毎日オシッコかけよう。尿で健康管理ができるデバイス
Image: WITHINGS

年に1度の検査が毎日できる!

自分の排泄物から得られる情報はとても多く、健康状態を知る手掛かりになります。ですが年に1度の健康診断を受ける以外は、個人で検尿をするのは難しいものです。

「CES 2023」にお目見えしたのは、トイレの便器内側にブラ下げるだけの検尿デバイス「U-Scan」。これに毎回おしっこを浴びせるだけで、すぐさま自分の身体について知ることができます。

Video: Withings/YouTube

スマートウォッチやスマート体重計といった、健康管理デバイスを作るWITHINGSだからこそ作ることができたデバイスですね。ボディーは直径9cmのなので、どんな便器にも対応ができます。

分かることいろいろ

Nutri Balance」というカートリッジを使えば、排尿の内容や回数などからビタミンCや水分がちゃんと摂取できてるかを判断し、代謝に及ぼす影響を評価します。そこから設定した目標のため、運動や食事などが提案されるので、具体的にバランスの良い生活を目指すことができます。

女性であれば「Cycle Sync」というカートリッジを使い、排出されたホルモンを基に月経周期のデータを提供し、メンタルの上下を軽減するための助言を提案。デバイスはWi-Fi接続し、自分のアプリだけでなく外部の専門家がチェックしてモニタリングをする設定もできます。

Video: Withings/YouTube

3カ月ごとに充電とカートリッジ交換が必要

巷には音声アシスタントを搭載し、アレクサに頼むとお尻を洗ってくれるスマート・トイレなんてモノもありますが、健康管理ができる方がありがたいという人も多いのではないでしょうか? 3カ月ごとに充電やカートリッジを交換するのは、ちょっと触りたくないかもしれませんが…。

230106_uscan2
Image: WITHINGS

「U-Scan」は来月に欧州でリリースされ、その後FDA(アメリカ食品医薬品局)に認証されればアメリカでも登場するとのことです。お値段はスターター・キットが499.95ユーロ(約7万円)で、カートリッジ交換が月額29.95ユーロ(約4,200円)でサブスクできるとのこと。最初の3カ月間はカートリッジのお試し期間なので、お得感がありますね。

知りたくなかった。トイレを流したときにどんな風に汚染物質が飛び散っているかを可視化しちゃったよ

コロラド大学の科学者が「トイレの水しぶきヤバいから公衆トイレの利用を避けようキャンペーン」にしゃかりきになっています。

https://www.gizmodo.jp/2022/12/aerosol-plume-toilet-flush-spray.html

Source: YouTube (1, 2), WITHINGS via Mashable