最大55度まで温まる! 電熱ネックウォーマーで冬を快適に

  • ギズ屋台
  • author ヤマダユウス型
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてな
  • クリップボードにコピー
  • ×
  • …
最大55度まで温まる! 電熱ネックウォーマーで冬を快適に
Photo: ヤマダユウス型

カイロみたいに温まれるマフラーとか、冬にありがたすぎる。

年々冬が寒くなってきてるように感じますが、寒い日に欠かせないアイテムといえば、やはりマフラー。ウールやカシミヤなど生地の違いも楽しめるファッションアイテムですが、もしマフラーがカイロ並に温かくなったとしたら…?

それがギズ屋台で販売中の電熱ネックウォーマー「GeeScarf-X1(ジースカーフ エックスワン)」。見た目はキルティングマフラーのようですが、モバイルバッテリーを使えば最大で55度まで温かくすることができるんです。首以外を温めるにも使えますよ。

温度は3段階で切り替え可能

230116geescarf_02

一見すると中綿を含んだダウン系マフラーですが…。

230116geescarf_03

電源ボタン付近のジッパーを開けると、USBケーブルが。このポケット部分にモバイルバッテリーを入れてマフラー本体の電源ボタンを押すと、マフラー内部に張り巡らされた電熱線がじんわりと発熱するという仕組みです。

230116geescarf_04

なので、普段はモバイルバッテリー無しで普通のマフラー的に使ってもヨシ。太陽が出ている日中はマフラーのみ、日が落ちた暗い時間帯はモバイルバッテリーを使う、みたいな使い分けも。

230116geescarf_05

電熱をオンにするには、モバイルバッテリーを接続した状態で電源ボタンを長押しします。数分するとうなじのあたりがじんわりと暖かくなってきて、なんともいい感じ。ホッカイロを首に当てているような感覚に近く、風が強い日にはすごく心強いです。

電源ボタンを押すごとに温度とLEDライトの色が変化し、42度(緑)、48度(青)、55度(赤)の3段階で調整可能。動いていると55度は熱く感じるときもありますが、じっとしているときにおなかに巻いて腹部を温めるなら、そのくらい温かくてもいいですね。

230116geescarf_06

ちなみにマフラーの内側は裏起毛になっていて、電源が入っていなくてもフカフカで暖かかったです。「裏起毛でも寒い…!」ってときこそ、電熱の出番。

カラバリはホワイト、グレー、ブラックの3色。ギズ屋台にて7,040円で販売中です。寒さが厳しいアウトドアのおともにも良さげですし、おなかや手を温めるにも便利。ある意味でカイロ機能付きのマフラーといえそうですね。

まるで首用湯たんぽ。ほかでは得られない心地よさを味わえるウォームリング

本格的に寒さが厳しくなってきたのに、度重なる値上がりで、暖房器具の使用を躊躇してしまいませんか?しかし、節約のために寒さを我慢しても生産性は上がらない……。効率...

https://www.gizmodo.jp/2022/12/giz-yatai-warmer-neck-ring-1.html

Photo: ヤマダユウス型
※表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。
※記事掲載時点では在庫が確認できておりますが、購入の際に売り切れている可能性もございます。その場合、販売ページで再入荷リクエストにご登録ください。
Source: ギズ屋台